CFTC(米商品先物取引委員会)とは・意味

CFTC(Commodity Futures Trading Commission:米商品先物取引委員会)とは、米国の商品先物取引委員会法に基づき、1974年に設立された先物取引・オプション取引全般を規制する政府機関を指します。CFTCは、米国に拠点を置く先物取引の認可を行なっており、取引所の金融商品や金利、デリバティブ全般の監督・市場参加者の保護を目的に、詐欺や市場操作などの不正行為の追求やマーケットの取引監視の権限を持ちます。

CFTCは2015年9月、ビットコインを含む仮想通貨を「コモディティ」と定義したことを受け、米国証券市場では仮想通貨を既存の金融資産と同要に取引できる可能性を検討する動きが本格化しました。その後、CFTCは2017年12月に、シカゴ・オプション取引所(CBOE)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)におけるビットコイン先物上場を承認しました。

米国に拠点を置く先物取引業者はCFTCへの登録が義務付けられており、定期的にすべての資産と顧客取引口座資金などを報告する義務を負っています。2015年9月には、コインフリップ社の運営していたビットコインのオプション取引所が商品取引所法で求められる登録を受けずに開設された無登録取引所と断定するなど、SEC(米証券取引委員会)にも先駆けて仮想通貨への公式見解を明らかにしていました。

CFTCに関するニュース一覧

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

SEC(米国証券取引委員会)とは・意味
ビットコインETFとは・意味
CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とは・意味
CBOE(シカゴ・オプション取引所)とは・意味

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」