ライデンネットワークとは・意味

ライデンネットワークとは、トランザクションの処理速度向上やマイクロペイメントを実現するために、ブロックチェーンの外であるペイメントチャネル(オフチェーン)で、トランザクションを処理する技術です。ライデンネットワークは、オフチェーン上でトランザクションを処理することで、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために提案されました。

ライデンネットワークでは、仮想通貨イーサリアム(ETH)やERC-20規格トークンの複数回取引をペイメントチャネルを開いた者同士で行い、最初と最後の取引だけをブロックチェーン上に記録します。ペイメントチャネルをネットワークのように繋ぐことで、直接チャネルを開けていないユーザー同士でも高速に少額の手数料で取引可能です。例えばAさんとBさん、BさんとCさん、CさんとDさんがそれぞれ相互にペイメントチャネルでつながっていれば、AさんとDさんは直接つながっていなくてもBさんとCさんのチャネルを経由して取引することができます。

この時、AさんとDさんは、取引の途中でBさんとCさんにイーサリアムを盗まれるリスクもありますが、ライデンネットワークではそのようなリスクを暗号技術によって解決しており、お互いに信用がないユーザー同士でも安全に取引することができます。

【参照URL】THIS IS VERY OUTDATED. Please see the documentation for latest release notes.

ライデンネットワークに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」