草コインとは・意味

草コインとは、世界中で1,500種類以上あると言われているアルトコインの中でも、特に時価総額が小さく、投機性が高い仮想通貨のことを指します。草コインは取引ユーザーの数が少ないため流動性が低く、値上がり・値下がり幅やボラティリティも高いため、非常にリスクが高い仮想通貨だと言えます。

一方で、将来性のある草コインを見抜き、時価総額が小さい初期の段階で大量に保有することができれば、その草コインが有名な仮想通貨インフルエンサーやメディアに取り上げられたり、有名な取引所への導入が決定するなどのポジティブなニュース材料が提供されたりすると一気に価格高騰し、既に一定の時価総額があるコインよりもはるかに多くの利益を上げることもできます。

仮想通貨への投資は他の金融商品と比較してハイリスク・ハイリターンの投資となりますが、草コインへの投資はその仮想通貨投資の中でもさらにハイリスク・ハイリターンの投資となります。

草コインへの投資を行う場合は、投資前にしっかりとコインの信頼性や将来性について情報収集をし、最悪ゼロになってもよいと割り切れるほどの少額投資に抑えることをおすすめします。また、草コインへの投資はアーリーフェーズのスタートアップ投資に似ているところもあり、最終的にどのコインが高騰するかを的確に予想するのは非常に難しいため、いくつかの草コインに分散投資をしてリスクをヘッジするという方法も有効です。

草コインに関するニュース一覧

ニュースがありません

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」