プライベートチェーンとは・意味

プライベートチェーンとは、ネットワーク参加に承認が必要なブロックチェーンを指します。ブロックチェーンには、パブリックチェーンとプライベートチェーンの2種類が存在します。プライベートチェーンは、複数の特定ノードによってコンセンサスが取られるため、パブリックチェーンよりも迅速なコンセンサスへ達することが可能です。

プライベートチェーンでは、ブロックチェーンへの記載を是非を決定する承認者が存在するため、悪意のあるデータが書き込まれるリスクを回避できるといった特徴があります。また、PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)のような経済的インセンティブを必要とせず、ブロックチェーンの運用を続けていくことが可能です。

企業や金融機関では、パブリックチェーンで問題となるトランザクション処理能力やファイナリティーの観点から、プライベートチェーンの実証実験や導入されているケースが多くなっています。その一方で、パブリックチェーンのように不特定多数のネットワーク参加者によってゼロダウンタイムが実現しているブロックチェーンとは異なり、可用性と分断耐性が低くなるという側面もあります。

    プライベートチェーンの代表例

  • Hyperledger Fabric
  • Orb1
  • Mijin
  • Iroha
  • Miyabi

プライベートチェーンに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」