ブロックチェーン企業R3、大手金融機関INGとCorda Enterpriseのライセンス契約を締結

オープンソースのブロックチェーンプラットフォームCordaを提供するR3は1月22日、オランダの大手金融機関INGとCorda商用版であるCorda Enterpriseのライセンス契約を締結した。INGは2018年3月、Cordaを利用した有価証券の取引を完了した実績をもっていた。

R3は、オープンソースのプラットフォームであるCordaとその商用版であるCorda Enterpriseを開発するブロックチェーンソフトウェア企業だ。同社は官民の両セクターから集まる300以上のメンバーで構成されている。

Corda Enterpriseはブロックチェーンの中でも金融取引に特化し、商用利用可能なプラットフォーム構築を目指すプライベートチェーンだ。Corda Enterpriseでは、分散型アプリCorDappsによって、貿易金融、保険などのさまざまな金融サービスが網羅される。知る必要のある当事者間のみでデータが共有され、PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)のようなコンセンサスアルゴリズムを必要とせず、二重支払いなどの不正を防止する仕組みが構築されている。また、大規模で複雑な組織のニーズに合わせた24時間365日のサポートなど、エンタープライズ向けのサポートが提供されることも特徴だ。

R3のCEOであるDavid E. Rutter氏は、「INGはブロックチェーンを積極的に採用しており、R3の長期にわたる重要なパートナーだ。(中略)CorDappの活用によって、INGが銀行の多様なビジネス領域における生産性、効率性、収益性がどれだけ向上できるか期待している」と語った。

R3は先週、コルダ・ネットワークをローンチしている。これにより、すべての参加者はデジタル資産とデータをノードのコミュニティ間で転送することが可能となる。また、コルダのプラットフォーム上で実行されるCorDapps間でもデータの共有が可能だ。R3の取り組みは金融業界の革新的な未来を予感させるものだ。今回の事例を皮切りに、ブロックチェーンのユースケースが増えていくことが期待される。

【参照記事】Corda Enterprise
【参照記事】ING signs deal for large-scale Corda Enterprise adoption
【参照記事】Corda Network launches with new governing foundation
【参照記事】欧州 R3のブロックチェーン上で初めて証券取引を完了

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」