トークンの残高の整合性を保証するソフトウェア「COMSA HUB」製品版が公開へ

ブロックチェーンソフトウェア・サービスの開発を行うテックビューロホールディングス株式会社は12月3日、ICO総合プラットフォーム「COMSA」のソフトウェア開発事業であるCOMSA HUBの製品版を公開した。

COMSA HUBは、mijinブロックチェーンのライセンス所有者に提供され、パブリックブロックチェーン上の企業のマスターアカウントと内部のプライベート勘定との間で、トークン残高の整合性をコントロールするソフトウェアだ。

今年4月に公開したテスト版では、Bitcoinブロックチェーンとmijinブロックチェーンを接続し、パブリックチェーン上のBTCとプライベートチェーン上のBTCトークン(BTC:mijin)をシームレスに変換を行い、その利活用イメージの醸成とUI/UXの改善を進めていた。また、本公開に伴い、テストネット上で試用できるデモアプリも併せて公開された。

COMSA HUBを活用することにより、パブリックチェーンで発行したトークンを、mijinプライベートチェーンの内部勘定へ容易に移管できるため、暗号資産やトークンをその残高の整合性が保証された環境下で安心してVRやゲーム等の様々な用途に活用することが可能となる。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」