SBIネオモバイル証券「ひとかぶIPO」初銘柄はバイセルテクノロジーズ、11日から取扱い開始

Tポイントで1株から株式に投資ができる「ネオモバ」などを提供する株式会社SBIネオモバイル証券は、新サービス「ひとかぶIPO」で、12月11日から株式会社BuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)のIPO(新規上場株式)を取り扱う。

バイセルテクノロジーズ社は2001年1月設立、ネット型リユース事業を主軸に、総合リユースサービス「バイセル」などを展開する。18年12月期の売上高は101億円。19年11月14日、東京証券取引所に上場承認され、12月18日に東証マザーズへのIPOが決定した。ひとかぶIPOで取り扱う初めての銘柄となる。

ひとかぶIPOはSBIネオモバ証券が11月30日に開始したサービス。1株から99株まで、1株単位での申込みが可能で、少ない資金でもIPO抽選に参加できる。(「Tポイント」は利用不可)。抽選は優遇抽選と完全抽選 の2 種類で、優遇抽選枠では、20代、30代が当選しやすくなる「若年優遇」や、ネオモバでの取引状況に応じて当選確率が高まる「取引継続優遇」などのユニークな仕組みを採用している。また、BB(ブックビルディング期間)終了後、公募価格が決定してから申込みが開始されるため、購入を希望する株数を入力するだけで申込みが完了する。若年層・投資初心者層の取り込みを図る。

SBIホールディングス株式会社は「ひとかぶIPOにおいて、ネット型リユース事業を中心とした事業を展開し、循環型社会の一翼を担うBuySell Technologiesを第1号案件として取り扱えることは、個人投資家にとって大変意義深い」と期待を込めている。

【関連サイト】SBIネオモバイル証券「ネオモバ」
【関連記事】Tポイント投資「ネオモバ」の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」