TAG IPO

株式投資コラム

野村證券、株取引の評判は?メリット・デメリットと他社比較

野村證券では、個人の方でも店頭やインターネットで株取引ができます。大手ならではのサポート体制などのメリットも多いのですが、インターネット専業の証券会社と比べると手数料が高いなどのデメリットもあります。そこで、この記事では野村證券の株取引における評判、メリット・デメリット、株取引を始める手順について詳しく解説します。

株式投資コラム

ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)の手数料は安い?現物・信用取引を他ネット証券と比較

ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)は取引手数料の安さに強みのあるネット証券で、10万円以内の現物株式取引手数料は88円と業界最安水準のコストで取引できます。手数料体系は各社で異なるため、どこが安いのか確認することが大切です。そこでこの記事では、ライブスター証券(新:SBIネオトレード証券)の特徴と手数料について、他の主要ネット証券と比較をしながら詳しくご紹介します。

株式投資コラム

SBIネオモバイル証券「ネオモバ」の評判は?メリット・デメリットも解説

SBIネオモバイル証券が始めた株式投資サービス「ネオモバ」。ネオモバではTポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができます。この記事ではネオモバのメリットやデメリット、実際の評判についてご紹介します。

株式投資コラム

IPO投資に役立つ証券会社16社の強みを徹底比較!実績や抽選方法も

2020年のIPOは93銘柄で、全銘柄に当選し初値で売却した場合の利益は約1,800万円にのぼります。一方、初値売却で利益が出やすいIPOは人気が高いため、なかなか当選することができません。そこで今回は、IPOの申込に便利な証券会社を、強みごとにいろいろな角度から分析しました。

ロボアドバイザーコラム

ネオモバは儲かる?メリット・デメリットやおすすめの投資法・活用法を解説

Tポイントを使って株式投資ができるネオモバは、スマホ世代を中心にその利用が広がっています。国内株を単元未満で購入できるためまとまった資金を必要とせず、さらに毎月200ポイントを貰えるのが特徴です。この記事では、ネオモバのメリットやデメリット、口コミ・評判、おすすめの活用法について詳しくご紹介します。

株式投資コラム

ネット証券と店頭証券、メリット・デメリットは?人気のネット証券会社も

証券会社には、インターネットのみで取引する「ネット証券」と、店頭で直接売買ができる「店頭証券」があります。証券会社はたくさんあるので、どこで口座開設すればいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。この記事では、それぞれのメリット・デメリットと、目的に応じてどちらの証券会社を選べばいいのかについて解説します。

投資信託コラム

岡三オンライン証券の評判は?メリット・デメリットや始め方も

岡三オンライン証券は、1日の取引金額が100万円まで取引手数料無料のネット証券です。また、投資信託や信用取引の一部でも手数料が無料なので、コストを抑えた投資を検討している方や投資初心者の方にも注目されています。そこでこの記事では、岡三オンライン証券の特徴、メリット・デメリット、評判について詳しくご紹介します。

SBI証券

SBI証券の評判・口コミ(投信・国内株・IPO・外国株)

SBI証券では、取り扱っている約2,600本(2019年12月30日現在)の投資信託ほぼすべてが「1銘柄100円」から購入することができます。また、投資信託の買付手数料はすべて無料となっています。さらに、SBI証券ではTポイントを購入資金に充てることができ、Tポイント1ポイント=1円相当として利用できます。

株式投資コラム

IPO投資で失敗する3つの事例は?IPO投資を始めるためのポイントも

IPO投資は、上場後の株価が公募価格よりも値上がりする場合が多いため、人気の株式投資スタイルとなっています。しかし、IPO銘柄の倍率は高く、抽選に当たるのが難しいほか、当選しても初値が公募価格を下回るケースもあります。この記事では、IPO投資の特徴、IPO投資でよくある失敗のケースや対策方法について詳しく解説します。

株式投資コラム

IPOの抽選・配分方法3種類の特徴と、当選チャンスが多い証券会社5選

IPO株は初値売却で利益を狙える投資ですが、IPO株の抽選は利益が出そうな銘柄ほど倍率も高くなる傾向にあります。そのため個人投資家にとっては、どの証券会社・抽選方法を選び、どのようにして当選確率を上げるかが課題になります。そこで、今回の記事では抽選方法を学んだ上で、IPOに当選チャンスが多い証券会社を5つご紹介します。

株式投資コラム

株式投資型クラウドファンディング各社のイグジット実績は?投資の注意点も

株式投資型クラウドファンディングとは、上場前のベンチャー企業(スタートアップ)の株式を多数の投資家が小口購入し、イグジットをしたときに大きな売却益を期待できる投資サービスのことを指します。現在、日本で運営されている株式投資型クラウドファンディングの中から、実際にイグジット実績があるサービスはどこなのか探ってみました。

株式投資コラム

IPO株の買い方、抽選申込から購入まで手順は?IPO株に強い証券会社も

2020年のIPOは93件で、12月16日時点で上場した72銘柄のうち、初値の株価が公募価格を上回った銘柄は49銘柄でした。なかには公募価格の10倍を上回った銘柄もあり、IPOに当選すれば大きな利益につながる可能性があります。今回はIPO株の買い方、抽選申し込みなどの手順や当たる確率を高くする方法などを解説します。

株式投資コラム

IPO投資でおすすめの証券会社は?8社の実績や抽選方法などを比較

IPO(新規公開株)投資はリターンを狙いやすく、注目されている投資ジャンルです。IPO株の購入には基本的に抽選に参加する必要がありますが、抽選方法や申し込み手順は各証券会社によって異なるため、その特徴を理解しておくことが大切です。この記事では、IPO投資の特徴や抽選方法、実績、おすすめの証券会社についてご紹介します。

株式投資コラム

auカブコム証券、IPO取引の評判は?メリット・注意点や始め方も

IPO取引とは、新規公開株を取引する投資手法で、利益が出やすい傾向にあるため、多くの投資家の人気を集めています。さまざまな証券会社がIPO取引に対応しており、auカブコム証券もそんな証券会社の1つです。今回は、auカブコム証券のIPO取引の評判やメリット、注意点などについて紹介するので、参考にしてください。

株式投資コラム

マネックス証券、IPO取引の評判は?メリット・注意点や始め方も

IPO株は上場後の初値売却によって利益を狙えるため、どこの証券会社でも競争率が高くなります。マネックス証券では取引実績や資金量に関係なく平等に抽選へ参加できるため、多くの投資家にメリットがあります。そこでこの記事では、マネックス証券によるIPO取引の特徴、メリット・デメリット、評判、始め方について詳しくご紹介します。

株式投資コラム

セカンダリー投資のメリット・デメリットは?始め方や注意点も

セカンダリー投資とは、上場したばかりのIPO株の特性を利用して利益を狙う投資方法です。当選確率の低いIPO抽選とは異なり、誰でも取引可能なのが特徴ですが、高い利益を狙える一方、損失にも繋がりやすいリスクもあります。この記事では、セカンダリー投資の特徴やメリット・デメリット、注意点、取引方法について詳しくご紹介します。