TAG IPO

株式投資コラム

ハイリスク・ハイリターンの未公開株、投資方法と注意点は?

証券取引所に上場していない未公開株への投資は、非上場企業の成長性や将来性を期待するもので、上場企業以上のリターンを期待できる一方、事業規模や経営基盤に不安があるためハイリスク・ハイリターンな投資です。そこでこの記事では、未公開株について詳しく知りたい方のために、未公開株の特徴や購入方法、投資する際の注意点を解説します。

株式投資コラム

インドでスタートアップが増えている背景は?DXや免税政策も解説

インドでは、スタートアップ企業が増加傾向にあります。エンジェル税免除の申請が可能なDPIIT認定スタートアップ企業は、2023年10月時点で約112万社が存在しており、これは世界で第3番目に多くなっています。増加の背景には、インド政府の政策のほか、ユニコーン企業の増加や、若者の起業意欲が高いことが挙げられます。本稿では、インドでスタートアップが増えている背景を解説します。

株式投資コラム

VCがベンチャー企業への投資で見るポイントは?バリュエーション(企業評価)の流れも

ベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業やスタートアップと呼ばれる、創業期・成長期の企業へ主な投資対象とするファンドです。今回の記事では、ベンチャーキャピタルの投資における判断ポイントや、バリュエーションの仕組みについて紹介します。

株式投資コラム

パソコンがなくても投資できる人気サービス5選、特長や機能、始め方

従来はパソコンで投資を行うスタイルが中心でしたが、若い世代の間ではスマホで取引を行う方も増えています。スマホやタブレットで行う取引は、どこでもすぐに値動きのチェックができたり、手軽に操作できたりするほか、スマホ取引専用の「スマホ証券」も誕生しており、さらに利用しやすくなっています。

そこでこの記事では、パソコンがなくても投資できるサービスを詳しくご紹介します。投資に興味のある方、手軽に投資できるサービスを探している方は、参考にしてみてください。

株式投資コラム

単元未満株の手数料が安い証券会社は?ネット証券5社の評判も比較

単元未満株とは、1単位に満たない株のことです。通常の株式は100株を最低単位として取引される一方、単元未満株取引では1株から売買できるのが特徴です。そのため、取引に必要な資金が少なく済むほか、単価の高い銘柄を購入しやすいなどのメリットもあります。

この記事では、単元未満株の特徴や、単元未満株を取り扱う証券会社の手数料・評判を詳しくご紹介します。単元未満株を始めたい方、少額・低コストな証券会社を知りたい方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

資金調達のシリーズやラウンドって?スタートアップ投資で知っておきたいファイナンスの話

スタートアップ企業が必要とする資金額は成長段階によって異なります。投資家にとっては、急成長を見込めるスタートアップへの投資は大きなチャンスである一方、成長ステージに応じた資金調達ラウンドの特徴を正しく理解し、リスクとリターンのバランスを考えて投資判断を行うことが大切です。この記事では資金調達ラウンドの意味や概要、スタートアップ企業投資のメリット・デメリットを解説するので、参考にしてみてください。

ESG投資コラム

フードロス削減ビジネスで社会性と経済性の両立を目指す「クラダシ」のビジネスモデルや将来性は?

Kuradashi(クラダシ)は、日頃の買い物でフードロス削減などの社会貢献を目指すプラットフォームです。運営会社である株式会社クラダシは、社会的企業「B Corp」認証を受けており、同認証を受けた企業として2023年6月30日に日本初の上場を果たしました。フードロスの削減や社会貢献に関心のある方、ESG投資にご興味のある方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

野村證券のIPO投資の評判は?案件数、主幹事実績などを他社比較

野村證券は国内IPOシェアが発行額ベースで首位となっており、「IPO投資に強い証券会社」として知られています。そこで、この記事では野村證券のIPOについて、他社と案件数などを比較し、その特徴を詳しくご紹介します。また、野村證券でIPO投資をするメリット・デメリット、評判やIPO投資を始める手順なども解説します。

株式投資コラム

株式投資型クラウドファンディング各社のイグジット実績は?投資の注意点も

株式投資型クラウドファンディングとは、上場前のベンチャー企業(スタートアップ)の株式を多数の投資家が小口購入し、イグジットをしたときに大きな売却益を期待できる投資サービスのことを指します。現在、日本で運営されている株式投資型クラウドファンディングの中から、実際にイグジット実績があるサービスはどこなのか探ってみました。

株式投資コラム

IPO投資、2022年上期の実績と勝率は?値上がり銘柄の傾向も分析

IPO投資は勝率の高い取引なので、初心者からベテランまで多くの投資家が毎回参加しています。2022年4月4日に東京証券取引所の市場区分が再編された後も、個人投資家のIPO投資に対する関心は引き続き高い傾向にあります。

しかし市場再編の効果により、2022年上期のIPO実績と勝率に対する影響を詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、IPO投資の分析に役立つ2022年上期のIPO実績・勝率をご紹介します。2022年上期に値上がりしたIPO銘柄の傾向なども併せて解説するので、勝率の高いIPO投資にご興味のある方は参考にしてみてください。

株式投資コラム

2022年7月のIPOスケジュールは?各銘柄の上場市場や価格、取扱証券会社も

世界的な金融緩和を背景とした株高が後押しする中、株式市場に新規上場するIPO案件が増えています。2021年の新規上場は125社と、14年ぶりの100社を超える高水準なので、2022年も目の離せない状況が続いています。

そこで、この記事では2022年7月に新規上場する企業のIPOスケジュールをご紹介します。新規上場各社の上場する市場や想定価格、IPO株の取引に適した証券会社なども併せてご紹介するので、IPO取引に関心のある方は参考にしてみてください。

ロボアドバイザーコラム

ネオモバは儲かる?メリット・デメリットやおすすめの投資法・活用法も

Tポイントを使って株式投資ができるネオモバは、スマホ世代を中心にその利用が広がっています。国内株を単元未満で購入できるためまとまった資金を必要とせず、さらに毎月200ポイントを貰えるのが特徴です。この記事では、ネオモバのメリットやデメリット、口コミ・評判、おすすめの活用法について詳しくご紹介します。

株式投資コラム

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の評判は?メリット・デメリットも解説

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)はスマホでできる株式投資サービスで、ネオモバではTポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでも気軽に始めることができます。この記事ではネオモバのメリットやデメリット、実際の評判についてご紹介します。

SBI証券

SBI証券の評判・口コミ(投信・国内株・IPO・外国株)

SBI証券では、取り扱っている約2,600本(2019年12月30日現在)の投資信託ほぼすべてが「1銘柄100円」から購入することができます。また、投資信託の買付手数料はすべて無料となっています。さらに、SBI証券ではTポイントを購入資金に充てることができ、Tポイント1ポイント=1円相当として利用できます。

株式投資コラム

マネックス証券の評判は?メリット・デメリットや他ネット証券との比較も

証券会社によって取り扱う金融商品は大きく異なります。中でも国内外の銘柄を豊富に取り扱うマネックス証券は、米国株や中国株に業界最低水準の手数料から投資可能な証券会社として、投資家に支持されています。そこでこの記事では、マネックス証券の特徴やメリット・デメリット、評判・口コミを詳しくご紹介します。

株式投資コラム

イークラウドの評判は?直近のイグジット実績や投資の注意点も

株式上場前の有力なベンチャー企業の株式を購入でき、大きなキャピタルゲインが狙える株式投資型クラウドファンディングが投資家の人気を獲得しつつあります。2020年7月には、新規株式投資型クラウドファンディングサイト「イークラウド」が登場しました。ここではそのイークラウドの特徴や評判、メリット・デメリットなどをご説明します。