ネオモバは儲かる?メリット・デメリットやおすすめの投資法・活用法を解説

Tポイントを使って株式投資ができる『ネオモバ』は、スマホ世代を中心にその利用が広がっています。国内株を単元未満で購入できるためまとまった資金を必要とせず、さらに毎月200ポイントを貰えるので、利用金額が少額のうちは手数料を気にすることなく運用を続けられるのが特徴です。

この記事では、ネオモバのメリットやデメリット、口コミ・評判、おすすめの活用法について詳しくご紹介します。スマホで始められる投資サービスを探している方は参考にしてみてください。

目次

  1. ネオモバとは
  2. ネオモバのメリット
    2-1.Tポイントで国内株が購入できる
    2-2.少額から投資ができる
    2-3.スマホですぐに始められる
    2-4.毎月200ポイントが貰える
    2-5.ウェルスナビで投資ができる
  3. ネオモバのデメリット
    3-1.サービス利用料が毎月かかる
    3-2.NISAに対応していない
    3-3.期間固定ポイントは株の購入以外に使えない
  4. ネオモバの口コミ・評判
  5. ネオモバのおすすめ活用法
    5-1.とりあえず1株買ってみる
    5-2.ひとかぶIPOに参加する
    5-3.WealthNavi for ネオモバで長期資産形成を狙う
    5-4.クレジット機能付きのTカードを使う
  6. ネオモバが向いている人
  7. まとめ

1 ネオモバとは

ネオモバは、メジャーな共通ポイントであるTポイントを使って株式投資ができるサービスです。従来の株式投資のように現金を元手にした投資ではなく、Tポイントの1ポイントが1円相当に換算され、購入したい金融商品は、国内株式等(単元株・S株)の現物取引、国内ETF(国内投資信託)、REIT(国内不動産投資信託)の3種類から選ぶことができます。

このほか、ネオモバには資産運用の一部自動化を図ることができる「WealthNavi for ネオモバ」というサービスもあります。ウェルスナビ社が提供するロボアドバイザーを、ネオモバユーザー向けにカスタマイズした投資サービスです。特に運用の手間を減らしたい方に向いています(詳細は後述)。

サービス名 ネオモバ
URL https://www.sbineomobile.co.jp/
運営会社名 株式会社SBIネオモバイル証券
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
設立 2018年
代表取締役 代表取締役会長 髙村 正人
代表取締役社長 小川 裕之
資本金 /
資本準備金
35億円(2019年4月調査時点)
主な株主 SBI証券、CCCマーケティング
上場有無 非上場
サービス開始年月 2019年4月
ポイントの換金率 1ポイント=1円
ポイント利用単位 1ポイント以上、1ポイント単位
運用手数料 【月間の株式取引約定代金合計額:サービス利用料(税抜)】
0円~50万円以下:200円
50万円超~300万円以下:1,000円
300万円超~500万円以下:3,000円
500万円超~1,000万円以下:5,000円
以下100万円ごとに1,000円が加算(上限なし)
最低投資金額 数百pt~
入金方法 銀行振込、即時入金手数料(住信SBIネット銀行のみ)、クレジットカード引き落とし
特定口座(源泉徴収あり) 選択可能(確定申告不要)
投資対象 株式、ETF、REIT

※2019年11月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

2 ネオモバのメリット

次に、ネオモバにはどのようなメリットがあるかについてみていきましょう。

2-1 Tポイントで国内株が購入できる

ネオモバでは、貯まっているTポイントがあれば、現金がなくても株を買うことができます。Tポイントが貯まっている方や、Tポイントを有効活用したい方なら、すぐにでも株式投資を始められます。

2-2 少額から投資ができる

通常の株取引では、1口100株というように単元株数(売買の最低単位)が決まっているため、ある程度のまとまった資金を必要としました。

一方、ネオモバでは、売買単位の100分の1といった単元未満で株式を購入することができます。株価は銘柄によって様々に異なりますが、1株500円未満で購入できるものあるので、これまで投資機会のなかった方でも始めやすくなっています。

2-3 スマホですぐに始められる

ネオモバは、スマートフォン専用の証券が提供する株式投資サービスです。そのためスマホが1台あれば、口座開設から個別銘柄の注文や自動で注文発注する「定期買付」までの全ての手続きを行えます。

なお、口座開設は①基本情報の入力→②本人確認書類のアップロード→③取引パスワードの受取りの3ステップで完了します。このように、時間や場所を問わずに株式投資を楽しむことができるのも、ネオモバならではの特徴です。

2-4 毎月200ポイントが貰える

ネオモバを利用するにはサービス利用料が毎月かかります。サービス利用料金は、月間の株式約定代金合計額で以下の通り決まります。

月間の株式取引約定代金合計額:サービス利用料(税抜)

  • 0円~50万円以下:200円
  • 50万円超~300万円以下:1,000円
  • 300万円超~500万円以下:3,000円
  • 500万円超~1,000万円以下:5,000円
  • 以降は100万円ごとに1,000円が加算(上限なし)

なお、「期間固定Tポイント」が毎月200ポイント貰える特典や、毎月のサービス利用料金の1%分がTポイントで貰えるというサービスがある点も魅力となっています。

2-5 ウェルスナビで投資ができる

ウェルスナビは、預かり資産や運用者数で国内トップの投資一任型ロボアドバイザーで、利用者の投資環境や条件に応じた最適なプランで資産運用を行ってくれます。

ネオモバの投資メニューの一つである「WealthNavi for ネオモバ」は、ネオモバのユーザー向けにカスタマイズしたサービスとなります。

ウェルスナビは最低投資額10万円と設定されていますが、「WealthNavi for ネオモバ」は、少額投資志向の強いネオモバユーザー向けに、1万円からと少額で始めることができるようになっています。また、自動積立の積立額も5,000円(本来は1万円)に設定されています。

なお、「WealthNavi for ネオモバ」ではTポイントが使えない点に注意が必要です。

3 ネオモバのデメリット

ネオモバのデメリットや注意点について確認してみましょう。

3-1 サービス利用料が毎月かかる

ネオモバの月額サービス利用料金は月間の株式約定代金合計額で決まり、月間の約定代金合計額が50万円以下の場合、サービス利用料は220円(税込)です。

このサービス利用料は、取引するしないにかかわらず、毎月支払う必要があります。取引を行わない時期があったとしても、月額220円のサービス利用料(月間の約定代金合計額が50万円以下の場合)を支払う必要があります。

なお、一定の期間取引を行わない場合には、翌月以降のサービス利用を一時的に停止することができる「一時停止」の機能もあります。

3-2 NISAに対応していない

NISAとは少額投資非課税制度で、NISA口座で株式投資を行う場合は、非課税投資枠の範囲内で株の譲渡益や配当金が非課税扱いとなります。この非課税投資枠は、毎年120万円の枠が最長で5年間与えられます。

ネオモバは「NISA」には対応していないことも留意しておきましょう。

3-3 期間固定ポイントは株の購入以外に使えない

ネオモバでは、毎月「期間固定ポイント」が200ポイント貰えますが、この期間固定ポイントはSBIネオモバイル証券の株式購入以外には使用できません。毎月の利用料の支払いや他のTポイントサービスには使えないので、留意しておきましょう。

4 ネオモバの口コミ・評判

ネオモバの口コミ・評判について、SNS上などに寄せられた利用者の反応をご紹介します。

  • 「少額でも有名企業の株を買えるから、株の初心者でもはじめやすい」
  • 「SBIネオモバは1株からでも購入できるので毎月コツコツと買っている」
  • 「ネオモバは投資に回せるお金があまりない自分にはありがたい」
  • 「1株から日本株が買えるので、長期保有に向いている」
  • 「少額投資は手数料が割高になりがちのため、ネオモバの手数料固定はありがたい」
  • 「手数料220円は月50万円までだから、まとまった利益が出るまで時間がかかる」

※個人の感想となります。実際のサービス内容・機能などはネオモバのウェブサイトでご確認ください。

Tポイントを使って単元株未満で国内有名企業の株が買えるため、資金的な余裕のない方や若い世代から期待する声が上がりました。また、少額でも株をコツコツと購入することで、決められた株数に達すれば株主優待を受けられる点も好評です。

5 ネオモバのおすすめ活用法

これからネオモバを始める場合、特に投資初心者の方はどのように運用していくのがおすすめかを見ていきましょう。

5-1 とりあえず1株買ってみる

ネオモバに口座開設した後は、実際に株を買ってみると良いでしょう。購入する株数は自分が保有するTポイントの範囲内になりますが、1株でも問題ありません。1株買ってみることで、購入銘柄の株価を観察し、その値動きの様子を把握することが重要になるからです。

銘柄は有名企業の株でも応援したい企業の株でも構いません。これまで投資をしたことがない方でも、株価に影響を与える政治・経済的なニュースにも関心が向き、社会動向と株価の相関関係について学ぶきっかけになるでしょう。

5-2 ひとかぶIPOに参加する

ネオモバでは、新規上場株式(IPO)を取り扱う「ひとかぶIPO」のサービスも提供しています。「ひとかぶIPO」では、将来性が期待できる新規上場株式に1株から申し込みができるので、少ない資金でも抽選に参加できます。

また、抽選の優遇枠として20~30代が当選しやすくなる「若年優遇」や、ネオモバの取引状況によって当選の確率が高くなる「取引継続優遇」などもあるので、若い世代や資金があまりない方にも新規上場企業の株主になるチャンスが広がっています。

IPO投資の魅力は、上場後の初値が公募価格より大幅に上がるなどIPO銘柄ならではの値動きが見込めることです。ネオモバで「ひとかぶIPO」に参加すれば、投資の視野や見識を広げる機会にもなるでしょう。

5-3 WealthNavi for ネオモバで長期資産形成を行う

ロボアドバイザーでの資産運用は、長期的な資産形成を目指すよう設計されており、ウェルスナビも同様です。「WealthNavi for ネオモバ」で、毎月少額ながら積立を継続していくことで、10年、20年後に大きな資産の形成を狙うことができます。

5-4 クレジット機能付きのTカードを使う

ネオモバを利用するには、クレジットカードを登録する必要があります。クレジット機能付きのTカードにすることでTポイントを貯めることができます。2019年11月時点で100円の利用で1ポイントが貯まるため、サービス利用料が月額220円の場合、最低でも毎月2ポイントを貯められます。

6 ネオモバが向いている人

ネオモバは、特に「少額で投資を初めてみたい方」に向いたサービスです。まとまった資金がないという方でも500円以下から買える株もありますし、さらにはTポイントを使えば月額利用料のみで気になる企業の株式を購入することもできます。元本保証のない投資で損失を被るのが怖いという方や、二の足を踏む方でもトライしやすいのがTポイント投資の大きな特徴です。

さらにスマホで気軽に投資ができる点も大きな特徴です。通勤時間や休憩時間などちょっとした空き時間を活用することができるので、普段は仕事で忙しい方でも無理なく投資を続けることができます。

また、ロボアドバイザーのウェルスナビで投資を行いたかった方にも向いています。ウェルスナビの最低投資額は10万円となるため、もう少し手軽に始めたいという方は、「WealthNavi for ネオモバ」がおすすめです。「WealthNavi for ネオモバ」なら1万円から始められる上、積立投資も5,000円からと、ウェルスナビより安く設定されています。

このほか、Tポイントを有効活用したい方もネオモバを検討してみると良いでしょう。Tポイントが貯まっていても、「使い道がない」「欲しい商品がない」と悩んでいる方もいるでしょう。ネオモバでTポイントを使って株式投資を行うことで、投資体験と資産形成を同時に行えるので、金融リテラシーの向上にもつながります。

7 まとめ

Tポイント投資は、「少額から始められる」「毎月200ポイントが貰える」「スマホで取引が完結する」といったメリットの多い株式投資サービスになります。また運用の手間を減らして長期的な資産形成を狙いたい方なら「Wealth Navi for ネオモバ」、将来性のある新規上場企業に少額投資したいなら「ひとかぶIPO」など、各投資家の目的にあったサービスも豊富に用意されています。

この記事を参考に、資産運用に興味が湧いた方は、ネオモバの利用を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」