サプライチェーン業界におけるブロックチェーン導入のメリットとは?

ブロックチェーン技術は、これまで仮想通貨をメインとする金融分野にフォーカスされてきた。しかし、ブロックチェーンなど分散型台帳技術(DLT)は分野によってその特性が限定されることはなく、すでにサプライチェーン分野でも導入が始まっている。

12月3日、インドのITメディアExpress Computerが報じたところによれば、ブロックチェーンテクノロジーのソリューションとして適しているのがサプライチェーン業界だという。現状では、ベンダー、ロジスティクスプロバイダー、倉庫、小売業者、金融機関、保険会社が有機的に繋がるエコシステムとなっていない。そのため、監視不十分による製品の重複、盗難など金銭的損失につながる悪循環を容認している。

こうした課題に対し、ブロックチェーンは「分散化」「不変性」「セキュリティ」の3つの特徴が注目されている。これらの特徴を活かし、製品のトレーサビリティと所在の明確化、ドキュメントの管理と承認プロセスの向上、金融取引の簡易化が期待できるためだ。

ブロックチェーンは今後数年間でサプライチェーンに多大な影響を与え、主要企業に広く運用されるであるとされている。今後に注目していきたい。

【参照記事】How Blockchain Will Be Crucial For The Supply Chain Industry And Its Ecosystem

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」