株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」が100案件突破、累計成約額は24億円超に

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」の投資案件が100件を突破した。運営元の株式会社日本クラウドキャピタルが12月2日に発表したもので、サービス開始から2年6か月での達成となった。登録ユーザー数も約1万8千人を超え、日本初、最大規模の株式投資型クラウドファンディングサービスとしての存在感は増している。

ファンディーノが投資案件100件を突破
ファンディーノの累計成約額が24億円を突破

100件の内訳はAI、ライフスタイル領域、農業まで幅広い。資金調達を行うのは20代の男性、女性起業家、さらに60代の女性起業家、70代の起業家と、年齢層も広がっており、「起業家に定年は存在しない」と同社はコメントしている。100件突破に謝意を示しながら「誰もが起業できる世界を創りたい!」をビジョンに、引き続き投資家とスタートアップ企業のマッチングを推進していく考え。

ファンディーノは、1口10万円前後の少額から、IPO(新規公開株)やバイアウトを目指す企業の株式に投資でき、投資後も投資先企業からのIR情報を定期的に確認できる。株主になると投資のリターンはもちろん、期待するベンチャー企業の事業成長に向けて参画・支援することもできる。株価に一喜一憂せず、利益を長期的に狙えるという特徴も、ファンディーノの魅力だ。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」