金融領域のブロックチェーン導入に取り組む中国、中国工商銀行(ICBC)白書

中国最大の商業銀行である中国工商銀行(ICBC)は、「ブロックチェーン金融アプリケーション開発白書」を発行した。ICBCによると、中国の全ての国有銀行とデジタル巨人のほとんどが、ブロックチェーン技術の実装を計画している。4月22日、デジタル資産リサーチメディアThe Blockが伝えた。

中国工商銀行(ICBC)の金融技術研究所によると、ブロックチェーン関連企業420社が存在し、そのうち17%が金融領域に当たる。全ての国有銀行が、それぞれ貿易金融、サプライチェーン管理、決済、デジタル請求書、その他のアプリケーションの分野でブロックチェーンの導入を計画している。

バイドゥ、アリババ、テンセント、JDといった主要なテクノロジーの巨人は、それぞれ独自のブロックチェーンベースの金融アプリケーションを構築している。ICBCによると、これらの組織はノード管理者が限定されるパーミッション型のブロックチェーンインフラストラクチャを独自に導入しており、資金管理、サプライチェーン、証券発行、ロイヤリティポイントプログラムなどの管理に活用する。

総資産約4兆米ドルを誇る世界最大の銀行である中国工商銀行(ICBC)自身もまた、中国―ヨーロッパ間の貿易決済プラットフォームを構築しており、分散型台帳技術とスマートコントラクトを活用して貿易書類を当事者間で共有する計画だ。

白書によると、2019年末時点に中国のネット環境を管轄するサイバースペース管理局で、120のブロックチェーン金融サービスプロジェクトが登録されていた。

【参照記事】Most of China’s biggest banks are already using blockchains

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」