イーサリアムに対する機関投資家の関心増加、米グレイスケール投信レポートで顕著に

グレイスケールインベストメンツの2020年1-3月(第1四半期)のレポートによると、デジタル資産投資信託の資金流入額が過去最高値を記録した。特に、イーサリアム投信に対する機関投資家の関心が急激に増加している。

グレイスケールイーサリアムトラストに対する2020年第1四半期の資金流入額は1億1,000万米ドルとなった。この数字は過去2年間の合計流入額(9,580万米ドル)を上回っている。データによると、3月17日以降の3週に渡ってイーサリアム投信の流入額はビットコイン投信のそれを上回った。

グレイスケールは四半期レポートについて「今日の“リスクオフ”環境で、投資家がデジタル通貨資産クラスへのエクスポージャーを増やすために、最近の価格下落をいかに戦術的に活用したかを示している」とツイッターで指摘した。米取引時間の3月12日にビットコインは50%近く急落するなど、仮想通貨市場も影響を受けていた。

グレイスケールの10種類の投資信託の第1四半期の合計流入額は5億3,370万米ドルとなった。そのうち88%が機関投資家によるもので主にヘッジファンドが占めた。ビットコイントラストの四半期の資金流入額は3億8,890万米ドルとなり、以前の最高額2億5,480万米ドル(2019年第3四半期)を上回った。

グレイスケールビットコイントラスト(GBTC)は1933年証券法の下で米国証券取引委員会(SEC)に登録されたGrantor Trust(グランター・トラスト)であり、定期的に財務情報を開示する必要がある。GBTCは実際のデジタル資産に裏付けられており、ビットコインの循環供給の1.7%を保有している。この割合は2019年末から0.1%増加した。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Digital Asset Investment Report

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」