イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法

ICOにも活用される時価総額ランキング上位のプラットフォーム

イーサリアムは、さまざまな契約を自動化する「スマートコントラクト」を実行可能な分散型プラットフォームです。イーサリアムでは、Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)をはじめとするさまざまな技術によって、オリジナルブロックチェーンとも呼ばれるビットコインの抱える課題の解決に取り組んでいることが特徴です。このイーサリアムを稼働させるために必要となるネイティブトークンが、私たちが仮想通貨取引所で購入できるイーサ(ETH)です。ICOなどにも利用されるイーサは、時価総額ランキングで常に上位に位置するメジャーアルトコインの一つです。

イーサリアムの概要

基本情報 仮想通貨名 イーサリアム(Ethereum)
ティッカーシンボル ETH
発行開始年月 2015年7月30日
主な利用用途 送金 / 決済 / スマートコントラクト
発行状況 発行主体 Ethereum Foundation(スイス)
発行方法 初期発行分、分散型台帳データ管理に必要となる計算および価値記録を行う記録者への対価として発行
上限発行量 未定
発行可能数の変更 不可
発行予定・発行条件 15秒につき1ブロックを生成、1ブロックあたりの報酬3.35391ETH
価値移転記録 コンセンサスアルゴリズム Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行予定
投資のリスク 価値移転ネットワークの脆弱性 多数の記録者が結託し、既存の記録者が有する処理能力よりも高い能力で記録台帳を改ざんすることで、発行プログラムを改変することができる。
保有情報暗号化技術の脆弱性 第三者に秘密鍵を知られた場合には、利用者になりすまして送付指示を行うことができる。
発行者の破たんによる価値喪失の可能性 なし
価値移転記録者の破たんによる価値喪失
移転の記録が遅延する可能性
プログラムの不具合によるリスクなど ブロックチェーン上にデプロイされたコントラクトコードに脆弱性があった場合に不正に資産が盗み取られるリスクがある。
過去発生したプログラムの不具合の発生状況 Ethereum上のアプリケーション「The DAO」のプログラム(スマートコントラクト)の脆弱性を攻撃されて、集まったファンド資金3分の1以上を盗み取られた事例がある。
価格に影響を与えた事件の履歴

※2020年2月時点の情報となります。

イーサリアムに関する最新ニュース

イーサリアムの5つの特徴

  1. 分散型アプリケーション「DApps」のプラットフォーム
  2. 「スマートコントラクト」機能でさまざまな契約を自動化
  3. ブロックチェーンの代名詞「ビットコイン」の課題に取り組む
  4. ICOでも利用される時価総額上位のメジャーアルトコイン
  5. 「優しい終身の独裁者」とも言えるヴィタリック・ブテリン

分散型アプリケーション「DApps」のプラットフォーム

イーサリアムは、さまざまな契約を自動化する「スマートコントラクト」を実行可能な分散型プラットフォームです。このスマートコントラクトの機能により、中央管理者不在で稼働するアプリケーション「DApps(分散型アプリケーション)」という概念が生まれ、開発が進んでいます。従来のアプリケーションではサービス提供者のみがサービスを維持できますが、DAppsでは開発者が存在する限りサービス運営が止まることはありません。

「スマートコントラクト」機能でさまざまな契約を自動化

イーサリアムの大きな特徴であるスマートコントラクトは、ブロックチェーン上で株や債券、不動産などの取引で必要となる契約の履行や価値の移転を自動で実行してくれるプログラムです。プログラムによってさまざまな契約が自動化され、仲介者を必要とすることなく契約締結・履行が行われるため、コストや時間を短縮できる技術として注目を集めています。

ブロックチェーンの代名詞「ビットコイン」の課題に取り組む

イーサリアムでは、ビットコインとそのブロックチェーンが抱える問題に対して、さまざまなアプローチを取っていることも特徴です。ビットコインネットワークの維持に必要となる膨大な電気代に対しては、維持コストが低く環境への負担が小さいとされるProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)への移行、ネットワークの拡大に従って処理速度が遅くなるスケーラビリティ問題に対してはブロック生成スピードを15秒とする他、マイニング効率を高めるさまざまな技術の開発を進めています。

ICOでも利用される時価総額上位のメジャーアルトコイン

暗号資産を活用した資金調達手段であるICOの多くではイーサリアムが利用されています。これはイーサリアムでERC20と呼ばれる統一規格が用意されたことで、ICO開催者はもちろんICOで発行されたトークンを取り扱う仮想通貨取引所の両者の開発環境が整ったことによるものです。こうした背景もあり、2017年から2018年にかけて多数実施されたICOの結果、イーサリアムのネイティブトークンであるイーサの価格は大きく上昇し、投資家から注目を集めました。

「優しい終身の独裁者」とも言えるヴィタリック・ブテリン

イーサリアムを考案・開発したヴィタリック・ブテリンは2017年、ブルームバーグ社の「世界に一番影響を与えた人物50人」の一人に選ばれた他、2018年にはフォーブス誌の「30アンダー30」にも選ばれた人物です。非中央集権制が注目を集めたDAO(自律分散型組織)は仲介者を必要としないメリットの一方、合意形成が難しいというデメリットが存在しています。イーサリアムやビットコインではハードフォークが行われた結果、新たな通貨が誕生した過去があり、こうしたガバナンスの脆弱さは投資対象として的確ではないことが懸念されています。非中央集権が引き起こすガバナンス問題に対して、「優しい終身の独裁者(Benevolent Dictator For Life:BDFL)」とも言える役割をもつヴィタリック・ブテリンの存在はイーサリアムの大きな特徴のひとつとも言えるでしょう。

イーサリアムの購入方法

イーサリアムが購入できるおすすめの仮想通貨取引所は以下をご覧ください。

マネックスグループ傘下の企業が運営「Coincheck」

仮想通貨取引所・販売所のcoincheck(コインチェック)「Coincheck」は、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Coincheckは、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っており、NEM(XEM)やモナコイン、Lisk、Factomなど他取引所では取り扱いが少ない仮想通貨を購入することができます。また、販売所での取引やチャット、レンディングサービスなどをスマホアプリで利用できることも特徴です。Coincheckが提供するレンディングサービスは、国内で唯一アルトコインの貸出が可能なため、アルトコインを長期で保有する投資家であれば必見の取引所のひとつです。


GMOインターネットのグループ会社が運営する「GMOコイン」

仮想通貨取引所・販売所のGMOコイン

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。グループ会社にGMO証券をもつGMOコインは、金融機関のバックグラウンドをもった仮想通貨販売所として国内最高水準のレバレッジ倍率、FX特化アプリ、アルトコインのレバレッジ取引予定など、仮想通貨FXに注力したサービス展開をしていることが特徴です。


SBI VCトレード(VCTRADE)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引所・販売所のSBI VCトレード(VCTRADE)VCTRADEはSBIグループのSBI VCトレードが運営する仮想通貨取引所です。SBIグループが金融機関として培ったノウハウを活用し、セキュリティや運営面はもちろん、取扱通貨やスプレッドまで、顧客を第一に考えた取り組みが全面に押し出されていることが特徴です。グループ会社である住信SBIネット銀行との連携は特に魅力で、初心者であっても安心して利用できる体制が敷かれている取引所です。


金融系サービスを手掛けてきたDMMグループが運営する「DMM Bitcoin」

仮想通貨取引所・販売所のDMM Bitcoin

「DMM Bitcoin」は、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所・販売所です。タレントのローラさんを起用したTVCMでも話題を集めています。アルトコインでレバレッジ取引ができるほか、24時間受け付けているLINEの問い合わせサポート、PCやスマートフォンアプリによる取引管理システムなど、他社にはない魅力的なサービスがそろうおすすめの仮想通貨取引所です。


日・米・ヨーロッパの3地域でサービスを提供する「bitFlyer」

仮想通貨取引所・販売所のbitFlyer(ビットフライヤー)「bitFlyer」は株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けており、現在では仮想通貨交換業を行うにあたってライセンスが取得となる米国、ヨーロッパでもサービス展開をしています。仮想通貨取引においては、現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供しており、ハッキング被害に対して最大500万円の補償を受けることができることも特徴です。また、bitFlyerでは自社のオリジナルブロックチェーン「miyabi」の提供も行っており、ブロックチェーン企業として知られている企業です。


仮想通貨の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。