モナコインとは?特徴・仕組み・購入方法

日本初の仮想通貨でコミュニティ主体の発展を続ける「モナコイン」

モナコインは日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の日本初となる仮想通貨です。仮想通貨特有の投機的な側面をもつ一方で、コミュニティ内での「投げ銭」に利用されることが特徴的です。Twitterではモナコインを気軽に送金できる決済システムが構築されているなど、コミュニティ主体の発展を続けています。

モナコインの概要

基本情報 仮想通貨名 モナコイン(Monacoin)
ティッカーシンボル MONA
発行開始年月 2014年1月1日
主な利用用途 送金 / 決済 / 投資
法的性格(※1) 第1号
単位 単位 mMONA = 0.001 MONA
µMONA = 0.000001 MONA
watanabe = 0.00000001 MONA
最小取引単位 1watanabe(=0.00000001MONA)
発行状況 発行主体 プログラムによる自動発行
発行方法 分散型台帳データ管理に必要となる計算および価値記録を行う記録者への対価として発行
上限発行量 1億512万MONA
発行可能数の変更 不可
変更の条件
発行予定・発行条件 ブロック生成時に追加発行
価値移転記録 ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
価値記録の公開状況 公開
暗号化方式 公開鍵暗号の暗号化処理を施しデータを記録
秘匿化の方法 公開鍵と秘密鍵による暗号化
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)
価値移転ネットワークの信頼性 ブロックチェーン技術によって移転記録が認証される仕組みを用い多数の記録者の参加を得ることで、データ改ざんの動機を排除し信頼性を確保する。
価値移転の記録者 記録者の主な属性 不特定、誰でも自由に記録者になることができる。主に日本。
記録の修正方法 記録者が合意し、各記録者が保管する台帳の修正を自ら行う。
記録者の信用力に関する説明 記録者による多数の合意がなければ不正が成立せず、記録者が多数であることによって個々の記録者の信用力に頼らない、記録保持の仕組みそのものを信用の基礎としている。
通貨の信用力 ・多数の記録者による多数決をもって移転記録が認証される仕組み
・ブロックチェーンによる保有・移転管理台帳による記録管理と重層化した暗号化技術による記録の保全能力
・保有・移転管理台帳の公開
・暗号化技術による保有者個人情報の秘匿性
付加価値 付加価値(サービス)の内容
過去3年間の付加価値(サービス)の状況
投資のリスク 価値移転ネットワークの脆弱性 多数の記録者が結託し、既存の記録者が有する処理能力よりも高い能力で記録台帳を改ざんすることで、発行プログラムを改変することができる。
保有情報暗号化技術の脆弱性 第三者に秘密鍵を知られた場合には、利用者になりすまして送付指示を行うことができる。
発行者の破たんによる価値喪失の可能性 なし
価値移転記録者の破たんによる価値喪失
移転の記録が遅延する可能性 分岐したブロックの一方が否決された場合、否決されたブロックに収録された取引は再び認証を得なければ次の送金が行えなくなる。記録者の目に留まらず未承認データのまま放置される恐れあり。
プログラムの不具合によるリスクなど 現時点ではプログラムが適正に機能し、所有データの改ざんやダブルスペントなどに陥ることを排除しているが、未検出のプログラムの脆弱性やプログラム更新などで生じた脆弱性を利用しデータが改ざんされ、価値移転の記録が異常な状態に陥る可能性がある。
過去発生したプログラムの不具合の発生状況 2014年にブロック難易度の調整不具合でブロックチェーンの同期が遅延するなど影響が発生、その後アルゴリズムを変更。
ハードフォークの状況
稼働に影響を与えたサイバー攻撃の履歴

※1:資金決済法第2条第5項に基づく第1号/第2号
(※2018年2月時点の情報となります。)

モナコインに関する最新ニュース

モナコインの5つの特徴

  1. 日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の仮想通貨
  2. 他の仮想通貨とは異なる、コミュニティでの利用が特徴
  3. 個人情報を開示せずに気軽に送金ができる
  4. Segwitが実装された世界初の仮想通貨
  5. ホワイトリストに登録されている

日本の巨大掲示板2ちゃんねる発祥の仮想通貨

モナコイン(モナーコイン)は、2ちゃんねるソフトウェア板のわたなべ氏により2013年12月23日にリリースされた日本初の仮想通貨です。モナコインは、2ちゃんねるの掲示板から生まれたAA(アスキーアート)「モナー」をモチーフとし、ライトコインをベースに作成されていることが特徴です。

他の仮想通貨とは異なる、コミュニティでの利用が特徴

仮想通貨は一般的に投機対象としての側面が目立ちますが、モナコインはニコニコ動画やPixivで活動するクリエイターに対してモナコインを送金する「投げ銭」として利用されることが特徴です。そのほかにも神社の建立や語呂合わせの投げ銭など、他の仮想通貨では見られない使われ方が定着しており、コミュニティ主体で発展を続けています。

個人情報を開示せずに気軽に送金ができる

モナコインは特定の管理者が管理・運営する中央集権型のプロジェクトではなく、分散型の決済システムです。そのため、個人情報を開示することなく、匿名性を維持したまま送金ができることが特徴です。Twitterではtipmonaという登録の必要がない送金システムが開発されており、Twitter上で気軽に送金、残高確認、入金ができることで人気を博しています。

Segwitが実装された世界初の仮想通貨

モナコインはスケーラビリティ解決のために考案されたSegwitが導入された初の仮想通貨です。Segwitは取引データから電子署名を削除し、ブロックチェーンの外で管理することでデータ量を圧縮する技術です。この技術によってモナコインの取引時間は約1分30秒程度となり、モナコインのベースとなったライトコインよりも1分程度承認時間が短縮されました。

ホワイトリストに登録されている

モナコインは金融庁が仮想通貨交換業者に対して取り扱いを認可した「ホワイトリスト」にリストアップされている仮想通貨です。ホワイトリストは仮想通貨の価値を保証、推奨するものではないものの、モナコインはbitFlyerでの上場を機に一時価格が高騰したこともあり、今でも根強い人気をもっています。

モナコインの購入方法

モナコインが購入できるおすすめの仮想通貨取引所は以下をご覧ください。

大手金融機関出資だから安心。日本最大規模の取引所「bitFlyer」

仮想通貨取引所・販売所のbitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所・販売所です。bitFlyerは大手ベンチャーキャピタルや事業会社が出資する国内でも最大のブロックチェーン企業で、ビットコイン取引量も日本一となっています。国内でも珍しいビットコイン先物取引にも対応した取引所で、顧客資産保護を目的とした損害保険の開発など、他の取引所とは一線を画した体制の盤石さがおすすめの仮想通貨取引所です。


ZaifトークンとCOMSAトークンが購入可能な取引所「Zaif」

仮想通貨取引所・販売所のZaif(ザイフ)

Zaifはテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所・販売所です。取引手数料がマイナスに設定されていることや、FX・信用取引・先物取引に対応していること、積立サービスがあることなどから、初心者から上級者のニーズまで幅広く網羅したサービスを展開していることが特徴です。また、ICOソリューションとして有名な「COMSA」を運営していることもありトークン取扱数が国内最多で、他の取引所とは一線を画したサービスが魅力な取引所です。


豊富なチャート機能でテクニカル分析ができる「bitbank」

仮想通貨取引所・販売所のbitbank

bitbankはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所で、100を超えるテクニカル分析が使える高機能なチャート「TradingView」が無料で利用できます。投資初心者も多いといわれる仮想通貨投資家に対して初心者にも役立つ情報メディアBTCNを運営しているほか、キャンペーンも多く実施している初心者であれば必見の仮想通貨取引所です。


JASDAQ上場のグループ企業だから安心!「フィスコ仮想通貨取引所」

仮想通貨取引所・販売所のフィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所はJASDAQ上場株式会社フィスコのグループ企業で、フィスコが投資家向けに投資情報を提供するなかで培った金融事業のノウハウを活用して、セキュリティ、運営の面から堅固なサービス体制を提供していることが特徴です。また、さまざまなテクニカル分析が使える高機能なチャートが使えたり、外部プログラムが利用可能になるAPIを開放しているなど、投資経験者であれば馴染みのある環境で取引ができるおすすめの取引所です。

その他の仮想通貨を見る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」