ビットバンク、10月5日より販売所サービスを提供開始へ

ビットバンク株式会社は、2020年10月5日より「販売所」サービスの提供を開始した。同サービスで取り扱われる通貨は、ビットコイン(BTC)、XRP、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナーコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)となっている。

販売所は、暗号資産(仮想通貨)をお客様と暗号資産取引所が直接売買する店頭取引方式のサービス。同社がこれまで培ってきた取引所の流動性を活用することで、販売所現物取引において業界最小水準(※同社調べ 2020年9月28日現在)のスプレッドでの取引が可能となるとしている。

販売所の取引画面は、取引所の画面と異なり「買値」と「売値」のみが表示され、ワンタップで暗号資産の購入・売却が可能だ。板取引と比較してシンプルな2Wayプライスで表示され、約定とほぼ同時に取引画面への反映が行われるため、自身のタイミング・価格で取引したいというニーズに対応しやすいサービスとなっている。

【関連記事】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。