TAG XRP

仮想通貨コラム

【初心者向け】SBI VCトレード(新VCTRADE)で暗号資産投資を始める方法:口座開設編

数ある暗号資産取引サービスの中でも、SBI VCトレードはSBIグループの強みを生かしたマッチングエンジンの導入や、魅力的な取引機会の提供など、安心・快適に利用できる環境を整えています。ここでは、SBI VCトレードで口座開設する方法についてご説明します。

暗号資産取引所の使い方

貸仮想通貨をするならどこがおすすめ?レンディングサービスを提供している仮想通貨取引所3社を徹底比較!

「貸仮想通貨(レンディング)」という言葉を聞いたことがあっても、その仕組みや、どこの仮想通貨取引所で提供しているのか分からないという人も多いのではないでしょうか。国内で「貸仮想通貨(レンディング)」サービスを提供している代表的な仮想通貨取引所には、Coincheck、GMOコイン、BITPointがあります。ここでは、各社サービスの内容や年率の違い、レンディングの仕組みやメリット・デメリット、そして注意点について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設

コインチェックは総合金融グループ「マネックスグループ」の子会社コインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。初心者でも直感的に操作しやすい「販売所」で16種類の仮想通貨を売買できるほか、ユーザー同士の売買注文のマッチングを行う「取引所」では手数料無料でビットコインを含む5種類の仮想通貨を売買できます。

暗号資産取引所の使い方

LINEアプリ上で暗号資産取引ができる「LINE BITMAX」の使い方を画像付きで解説

LINE BITMAXは国内唯一となるLINE独自の仮想通貨LINK(リンク」を取り扱っている取引所としても知られており、LINEが展開するさまざまなサービスにおいてお得に利用できると、人気を集めています。今回は、そんなLINE BITMAXにおける取引方法について、画像を交えて詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

Zaifのお手軽トレードの新機能「買い止め 売り止め」の使い方とは?

22年9月28日、株式会社カイカエクスチェンジが手がける国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が、自社の人気サービス「自動売買おてがるトレード」に新機能を追加したことを発表しました。
今回は、Zaifが新たにリリースしたお手軽トレードの新機能「買い止め」および「売り止め」について、その概要や使い方を詳しく解説していきます。

仮想通貨コラム

GMOあおぞらネット銀行と提携したCoinbase(コインベース)のメリットとは?

22年9月20日、世界最大規模を誇る仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の日本法人であるCoinbase株式会社が、GMOあおぞらネット銀行株式会社と連携し、「即時入金サービス」の提供をスタートすることを明らかにしました。ここではGMOあおぞらネット銀行と提携したCoinbaseのメリットについて詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitbank(ビットバンク)が新たに提供する「信用取引サービス」とは?

22年8月5日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクが、信用取引(レバレッジ取引)サービスの提供をスタートすることを明らかにしました。今回は、新たにスタートするビットバンクの「信用取引サービス」について、その概要や特徴、今後の展開などを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitbank(ビットバンク)に上場する仮想通貨スパーク(FLR)とは?

22年8月12日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所である「bitbank(ビットバンク)」が、新たに「スパーク(FLR)」の取り扱いをスタートする方針を明らかにしました。今回は、bitbankに新たに上場される予定であるFLRトークンについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

liquid

FTX Japanの口コミ・評判・口座開設

FTX Japan株式会社が運営する仮想通貨取引所FTX Japanは、仮想通貨の現物取引およびデリバティブ取引においてBinanceに次いで第2位の取引量(2022年7月、CoinMarketCap調べ)を誇っており、FTX Globalとの取引板共有によって潤沢な流動性を提供しています。FTX Japanでは国内取引所で唯一SOL(ソラナ)やFTT(FTXトークン)の他、米ドルとの板取引やTwitterで話題となったDOGE(ドージコイン)など国内では珍しい銘柄取引も可能です。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所CoinTrade(コイントレード)のステーキングサービスについて解説

「CoinTrade(コイントレード)」はプライム市場上場グループが運営しているという安心感や、取引経験が少ない方でも利用しやすいサービス設計から、ユーザー数を着実に伸ばしています。22年7月14日にはステーキングサービス「CoinTrade Stake」の提供を新たにスタートしました。今回はCoinTrade Stakeについて、その概要や特徴、利用方法などを解説していきます。

仮想通貨

新生銀行、新規口座開設や円定期預金の設定で暗号資産交換券をプレゼント。SBI VCトレードと共同で

株式会社新生銀行とSBI VCトレード株式会社は8月10日、新規口座開設や円定期預金の設定で暗号資産交換券をプレゼントする、2つの共同キャンペーンを開始した。キャンペーン期間は8月10日~10月31日までとなる。

仮想通貨コラム

仮想通貨は長期的な投資に向いてる?仮想通貨初心者が長期投資する方法

仮想通貨をこれから投資ポートフォリオに組み込もうと検討している方は、長期的な目線で投資計画を立ててみてはいかがでしょうか。日本の仮想通貨取引所では長期投資に便利な自動積立サービスを設けています。ここでは仮想通貨積立サービスを提供している取引所と、そのサービス内容についてご紹介します。

仮想通貨

ODLを用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル 、複数の送金業者・暗号資産交換業者との接続が可能に

SBIグループにて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社は7月29日、Ripple Labs Inc.が提供するODL※を用いたXRP国際送金サービス向けのシステムをリニューアルし、送金元(日本国内の資金移動業者)および送金先(海外暗号資産交換業者等)のいずれに対しても複数事業者との接続が可能なマルチテナント型システムとする対応を行ったことを発表した。

暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨の自動損益計算サービス「Cryptact」とは?【確定申告の備え】

仮想通貨は比較的新しい金融商品である上、株取引等とは勝手が異なるため、その損益計算を個人で行うことは簡単ではありません。そこで、取引所のデータをいくつかアップロードするだけで、正確な損益計算を自動で行ってくれる「Cryptact(クリプタクト)」のようなサービスが役立ちます。今回は、仮想通貨の自動損益計算サービス「Cryptact」について、その概要や特徴、詳しい使い方を解説していきます。