イーサリアムクラシックとは?特徴・仕組み・購入方法

“Code is Law”を遵守する「イーサリアムクラシック」

イーサリアムクラシックはTHE DAOでのハッキングに対応したイーサリアム財団に反対して誕生した仮想通貨で、イーサリアムが拡張性や民主性を重視しているのに対して、本来のイーサリアムのブロックチェーンを維持・運営していくことを目的とした通貨です。イーサリアムと同様のスマートコントラクト機能を有している一方で、耐ハッキング性を高めるために拡張性を制限しているなど、イーサリアムとの対抗路線が特徴的な通貨です。

イーサリアムクラシックの概要

基本情報 仮想通貨名 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
ティッカーシンボル ETC
発行開始年月 2015年7月30日
主な利用用途 送金 / 決済 / スマートコントラクト
法的性格(※1) 第1号
単位 単位 finney=0.001ETC
szabo=0.000001ETC
wei=0.000000000000000001ETC
最小取引単位 1wei(=0.000000000000000001ETC)
発行状況 発行主体 プログラムによる自動発行
発行方法 初期発行分、分散型台帳データ管理に必要となる計算および価値記録を行う記録者への対価として発行
上限発行量 未定
発行可能数の変更 不可
変更の条件
発行予定・発行条件 14.4秒につき1ブロックを生成し、1ブロックあたり5.21745ETCを発行
価値移転記録 ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
価値記録の公開状況 公開
暗号化方式 公開鍵暗号の暗号化処理を施しデータを記録
秘匿化の方法 公開鍵と秘密鍵による暗号化
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)
価値移転ネットワークの信頼性 ブロックチェーン技術によって移転記録が認証される仕組みを用い多数の記録者の参加を得ることで、データ改ざんの動機を排除し信頼性を確保する。
価値移転の記録者 記録者の主な属性 不特定、誰でも自由に記録者になることができる。
記録の修正方法 記録者が合意し、各記録者が保管する台帳の修正を自ら行う。
記録者の信用力に関する説明 記録者による多数の合意がなければ不正が成立せず、記録者が多数であることによって個々の記録者の信用力に頼らない、記録保持の仕組みそのものを信用の基礎としている。
通貨の信用力 ・多数の記録者による多数決をもって移転記録が認証される仕組み
・ブロックチェーンによる保有・移転管理台帳による記録管理と重層化した暗号化技術による記録の保全能力
・保有・移転管理台帳の公開
・暗号化技術による保有者個人情報の秘匿性
付加価値 付加価値(サービス)の内容 Ethereumネットワーク上でのスマートコントラクトの記録と実行
過去3年間の付加価値(サービス)の状況 安定してサービスが継続
投資のリスク 価値移転ネットワークの脆弱性 多数の記録者が結託し、既存の記録者が有する処理能力よりも高い能力で記録台帳を改ざんすることで、発行プログラムを改変することができる。
保有情報暗号化技術の脆弱性 第三者に秘密鍵を知られた場合には、利用者になりすまして送付指示を行うことができる。
発行者の破たんによる価値喪失の可能性 なし
価値移転記録者の破たんによる価値喪失
移転の記録が遅延する可能性
プログラムの不具合によるリスクなど ブロックチェーン上にデプロイされたコントラクトコードに脆弱性があった場合に不正に資産が盗み取られるリスクがある。
過去発生したプログラムの不具合の発生状況 Ethereum上のアプリケーション「The DAO」のプログラム(スマートコントラクト)の脆弱性を攻撃されて、集まったファンド資金3分の1以上を盗み取られた事例がある。
ハードフォークの状況 2016年7月「The DAO」へのハッキングを受けハードフォーク、ハードフォーク側がイーサリアムの名称を引き継いだ。
稼働に影響を与えたサイバー攻撃の履歴 2016年6月自律分散型投資ファンド「The DAO」へのハッキング

※1:資金決済法第2条第5項に基づく第1号/第2号
(※2018年2月時点の情報となります。)

イーサリアムクラシックに関する最新ニュース

イーサリアムクラシックの5つの特徴

  1. イーサリアムのオリジナルブロックチェーンを引き継ぐ仮想通貨
  2. 安全性を維持するために拡張性を制限<
  3. イーサリアムが達成できなかった本来の非中央集権を目指す
  4. コンセンサスアルゴリズムはPoWを維持する
  5. ホワイトリストに登録されている

イーサリアムのオリジナルブロックチェーンを引き継ぐ仮想通貨

イーサリアムクラシックはイーサリアムと同様、スマートコントラクト機能をもつ非中央集権のプラットフォームです。イーサリアムの派生プロジェクトとして仮想通貨でベンチャー企業に投資を行うTHE DAOで起きたハッキング事件でのイーサリアム財団の中央集権的な介入を機に誕生したイーサリアムクラシックは、イーサリアムのオリジナルブロックチェーンに連なるブロックチェーンで、中央集権的な変更のない本来のイーサリアムであることを目指した仮想通貨です。

安全性を維持するために拡張性を制限

イーサリアムクラシックはTHE DAOを機に誕生したという経緯から、ハードフォークを決して行わず、ハードフォークをするとしてもプロトコルレベルでの脆弱性やバグが見つかった時、もしくは機能的なアップグレードを行う必要がある時のみに限ると強く主張しており、耐ハッキング性を向上させるためにイーサリアムよりも拡張性を制限していることが特徴です。

イーサリアムが達成できなかった本来の非中央集権を目指す

イーサリアムクラシックでは分散型のガバナンスを継続することをビジョンとして掲げており、中央集権的なリーダーシップをもって開発を進める姿勢への対抗路線をウェブサイト内でも強く主張しています。特にイーサリアム本来のブロックチェーンを今後開発することはないと繰り返し主張するイーサリアム財団や開発者に対して強く反対する姿勢を表していることが特徴的です。

コンセンサスアルゴリズムはPoWを維持する

イーサリアムではコンセンサスアルゴリズムにPoSの導入を予定する一方で、イーサリアムクラシックではより良いアルゴリズムが見つからない限りはPoWを維持していくとしています。PoWはビットコインのような世界的に成功したブロックチェーンで利用されているコンセンサスアルゴリズムで、仮想通貨の概念である”Code is Law”という考えを遵守していることが特徴です。

ホワイトリストに登録されている

イーサリアムクラシックは金融庁が仮想通貨交換業者に対して取り扱いを認可した「ホワイトリスト」にリストアップされている仮想通貨です。ホワイトリストは仮想通貨の価値を保証、推奨するものではないものの、イーサリアムクラシックはbitFlyerやDMMコインをはじめとする国内の有名仮想通貨取引所で上場していることから根強い人気をもっています。

イーサリアムクラシックの購入方法

イーサリアムクラシックが購入できるおすすめの仮想通貨取引所は以下をご覧ください。

大手金融機関出資だから安心。日本最大規模の取引所「bitFlyer」

仮想通貨取引所・販売所のbitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所・販売所です。bitFlyerは大手ベンチャーキャピタルや事業会社が出資する国内でも最大のブロックチェーン企業で、ビットコイン取引量も日本一となっています。国内でも珍しいビットコイン先物取引にも対応した取引所で、顧客資産保護を目的とした損害保険の開発など、他の取引所とは一線を画した体制の盤石さがおすすめの仮想通貨取引所です。


金融系サービスを手掛けてきたDMMグループが運営する「DMM Bitcoin」

仮想通貨取引所・販売所のDMM Bitcoin

「DMM Bitcoin」は、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所・販売所です。タレントのローラさんを起用したTVCMでも話題を集めています。アルトコインでレバレッジ取引ができるほか、24時間受け付けているLINEの問い合わせサポート、PCやスマートフォンアプリによる取引管理システムなど、他社にはない魅力的なサービスがそろうおすすめの仮想通貨取引所です。


その他の仮想通貨を見る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」