NEMとは?特徴・仕組み・購入方法

ビットコインの課題の克服を目指す「NEM」

NEMはビットコインの弱点を解決することを目的として誕生した「ビットコイン2.0」に分類されるプロジェクトで、ビットコインの課題となる取引速度・手数料の改善を実現しながらPoIやアポスティーユをはじめとするさまざまな機能を追加した仮想通貨です。NEM公式やコミュニティが主体となってイベントを行う仮想通貨としては珍しい活動も特徴的です。

NEMの概要

基本情報 仮想通貨名 NEM(XEM)
ティッカーシンボル XEM
発行開始年月 2015年3月31日
主な利用用途 送金 / 決済 / 投資
法的性格(※1) 第1号
単位 単位 XEM
最小取引単位 0.000001XEM
発行状況 発行主体 プログラムによる自動発行
発行方法 分散型台帳データ管理に必要となる計算および価値記録を行う記録者への対価として発行
上限発行量 8,999,999,999XEM
発行可能数の変更 不可
変更の条件
発行予定・発行条件
価値移転記録 ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
価値記録の公開状況 公開
暗号化方式 公開鍵暗号の暗号化処理を施しデータを記録
秘匿化の方法 公開鍵と秘密鍵による暗号化
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)
価値移転ネットワークの信頼性 オープンネットワークの脆弱性に対し、ブロックチェ-ンおよびEigentrust ++によるノードの過去動作を監視した評価軸とノードの計算作業量をもって移転記録が認証される仕組み。多数の記録者によるネットワークへの参加を得ることによって、データ改ざんの動機を排除し信頼性を確保。
価値移転の記録者 記録者の主な属性 不特定、一定数のXEMを所有する者であれば誰でも自由に記録者になることができる。世界中に分散。
記録の修正方法 取引記録は変更することができない。
記録者の信用力に関する説明 ネットワーク内における参加ノード間でトランザクションが共有・検証され、不正なトランザクションは除外される。不正なトランザクションを送信するノードは評価が下がる仕組みによって、ネットワーク内の健全性と信用を保つ。
通貨の信用力 ・多数の記録者による多数決をもって移転記録が認証される仕組み
・ブロックチェーンによる保有・移転管理台帳による記録管理と重層化した暗号化技術による記録の保全能力
・保有・移転管理台帳の公開
・暗号化技術による保有者個人情報の秘匿性
付加価値 付加価値(サービス)の内容 一定のXEMを所有していればハーベスト可能(XEMを報酬として獲得)
過去3年間の付加価値(サービス)の状況
投資のリスク 価値移転ネットワークの脆弱性 高い重要度を持つ記録者が多数結託した場合に、台帳とデータが改ざんされる可能性がある。
保有情報暗号化技術の脆弱性 第三者に秘密鍵を知られた場合には、利用者になりすまして送付指示を行うことができる。
発行者の破たんによる価値喪失の可能性 なし
価値移転記録者の破たんによる価値喪失
移転の記録が遅延する可能性
プログラムの不具合によるリスクなど 現時点ではプログラムが適正に機能し、未検出のプログラムの脆弱性やプログラム更新などで生じた脆弱性を利用しデータが改ざんされ、価値移転の記録が異常な状態に陥る可能性がある。
過去発生したプログラムの不具合の発生状況 現時点ではプログラムが適正に修正がなされ、台帳を不正に書き換えられたりした不具合は発生していない。
ハードフォークの状況
稼働に影響を与えたサイバー攻撃の履歴

※1:資金決済法第2条第5項に基づく第1号/第2号
(※2018年2月時点の情報となります。)

NEMに関する最新ニュース

NEMの5つの特徴

  1. ビットコインの弱点を克服した「ビットコイン2.0」
  2. PoWとPoSの課題を解決するPoI(Proof of Importance)を採用
  3. 個人・小規模ユーザー向けスマートコントラクト「アポスティーユ」
  4. コミュニティーの活動が活発に行われている
  5. Zaifを運営するテックビューロが手がけるmijinに利用

ビットコインの弱点を克服した「ビットコイン2.0」

NEMはビットコインで使用されているブロックチェーン技術を応用して、通貨以外の機能ももたせた仮想通貨です。同じくビットコイン2.0のプロジェクトであるイーサリアムと同様、DApss構築が可能なことやビットコインよりも早い送金スピード、安い手数料が特徴です。

PoWとPoSの課題を解決するPoI(Proof of Importance)を採用

PoWは大規模なマイニングシステムを構築できる一部の人間に富が偏在するという問題を抱えています。PoSはPoWの問題を解決するために通貨保有量に応じてマイニングの成功率が上がるよう設計されましたが、PoW同様に一部の人間に富が偏在する可能性があります。そこで、PoIではNEMコミュニティへの貢献度(NEM保有量や取引量)に応じて「重要度」が設定され、重要度の高いユーザーが報酬を得ることができるという特徴をもっています。

個人・小規模ユーザー向けスマートコントラクト「アポスティーユ」

NEMは、ブロックチェーン上で契約や証明書を発行する「公証」が可能なアポスティーユと呼ばれる機能をもっています。アポスティーユはスマートコントラクトのように特定の管理者を介することなくトラストレスに契約の履行してくれるもので、スマートコントラクトが企業や政府を対象としているのに対し、アポスティーユは個人をはじめとする小規模での利用を対象としていることが特徴です。

コミュニティーの活動が活発に行われている

NEMはコミュニティー活動が活発なことでも知られる仮想通貨です。仮想通貨投資家のためにオープンしたNEMでの支払いが可能な実店舗「nem bar」や、NEM支払いが可能なフリーマーケット「nemket」の開催、NEM公式による投資家同士の親睦を深めることを目的とした「NEM meetup JAPAN」の開催など、コミュニティ全体で仮想通貨を実社会で使うための活動を進めていることが特徴です。

Zaifを運営するテックビューロが手がけるmijinに利用

NEMはNew Economy Movementの略称で、さまざまな言語で開発が可能なブロックチェーンで稼働する仮想通貨です。既存のコードとの連携が容易なことから既存のインフラを0から再構築する必要がないことが特徴で、仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロが手がけるプライベートブロックチェーンmijinにもNEMの技術が利用されていることで有名です。

NEMの購入方法

NEMが購入できるおすすめの仮想通貨取引所は以下をご覧ください。

ZaifトークンとCOMSAトークンが購入可能な取引所「Zaif」

仮想通貨取引所・販売所のZaif(ザイフ)

Zaifはテックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所・販売所です。取引手数料がマイナスに設定されていることや、FX・信用取引・先物取引に対応していること、積立サービスがあることなどから、初心者から上級者のニーズまで幅広く網羅したサービスを展開していることが特徴です。また、ICOソリューションとして有名な「COMSA」を運営していることもありトークン取扱数が国内最多で、他の取引所とは一線を画したサービスが魅力な取引所です。


金融系サービスを手掛けてきたDMMグループが運営する「DMM Bitcoin」

仮想通貨取引所・販売所のDMM Bitcoin

「DMM Bitcoin」は、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所・販売所です。タレントのローラさんを起用したTVCMでも話題を集めています。アルトコインでレバレッジ取引ができるほか、24時間受け付けているLINEの問い合わせサポート、PCやスマートフォンアプリによる取引管理システムなど、他社にはない魅力的なサービスがそろうおすすめの仮想通貨取引所です。


その他の仮想通貨を見る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」