リップルの人気が明らかに。Coincheckがインフォグラフィックを公開

仮想通貨取引所Coincheckは7月18日、アプリダウンロード250万突破を記念して同取引所の取引データをまとめたインフォグラフィック「Coincheck Data」を公開した。スマホアプリ市場調査「App Annie」によると、Coincheckは2019年3〜5月の期間において、ビットコインアプリとしてDL数No1を獲得した。

今回発表されたインフォグラフィックによると、同取引所のユーザーの半数以上が会社員であることが明らかとなった。ユーザー年代比率では、30代が全体の37%を占め、次いで40代が24%、20代が23%、50代が11%となっている。年代別の男女比率では各年代とも男性の割合が女性より圧倒的に多い傾向にある。ただ年代が上がる毎に、女性の比率が多くなっている。

仮想通貨の取引金額ランキング(2019年5月1日〜5月31日)では1位ビットコイン、2位リップル(XRP)、3位ネムとなった。Coincheckによると、この結果は5月にビットコインの価格が50万円台から90万円台へと上昇したことが影響している可能性があるとしている。一方、取引人数ランキング(2019年5月1日〜5月31日)では1位リップル、2位ビットコイン、3位ネムとなっており、日本国内でのリップル(XRP)人気を物語る結果となった。

170万以上のユーザー数を誇るCoincheckが発表した今回のデータは、これから仮想通貨を始めようと考えている一般投資家はもちろん、既に仮想通貨を保有している投資家にとっても非常に興味深い内容となった。3月に発表されたGMOコインの調査でもリップルが人気であったという結果が出ており、今回の報告によって国内でのリップルの人気があらためて裏付けられた形となった。

【参照サイト】Coincheck
【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】NEMとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】アプリダウンロード250万突破を記念して、インフォグラフィックを公開 ~ ビットコインが100万円を超え注目を集めるなか、リップルも根強い人気を維持!~

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。