TAG coincheck

少額投資に適したおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨市場では、株式市場のいわゆる「単元株」のような1株、100株、1,000株といった売買単位は基本的にありません。仮想通貨取引所によって設定している最小注文単位は異なりますが、ビットコイン0.001枚(5月初旬時点で約1,000円)、あるいは日本円で500円から、投資できます。

仮想通貨コラム

ビットコインがインフレヘッジと注目される理由とは?初めて投資をする方が押さえておきたいビットコイン3つの特性

仲介者を必要とせず、すべてのビットコインネットワーク参加者が管理に携わる「非中央集権」の特徴は、ビットコインが注目を集めている大きな要因のひとつです。ここでは、投資するにあたっておさえておきたいビットコインの基本特性についてご紹介します。

仮想通貨コラム

スマホ1台で暗号資産投資をスタートできるeKYCとは?最短即日で開始できる暗号資産取引サービスを紹介

最近は多くの暗号資産(暗号資産)取引所がスマホを使った本人確認(e-KYCなど)を導入しており、最短1日で口座開設が完了します。アカウント開設からトレーディングまでスマホ1台で利用できるので、スピーディに相場に参加できる様になっています。ここでは、スマホ1台で暗号資産投資をするのにおすすめの取引所をご紹介します。

仮想通貨コラム

初心者が10万円を原資に暗号資産に投資するなら?元トレーダーがおすすめの投資法を開設

今年3月以降、暗号資産取引所や証券会社の口座開設数の増加傾向が続きました。新型コロナウィルスをきっかけに「貯蓄から投資へ」の流れが加速した格好となっています。ここでは給付金を使って暗号資産に投資をする場合に考えられる、投資方法をいくつかご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

ベーシック・アテンション・トークン(BAT)とは?BATの特徴・概要と入手方法を紹介

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token:BAT)は、注目度の高いアルトコインの一つです。最近は国内のいくつかの暗号資産取引所がBATを取り扱っていますが、まだ詳しい部分まで把握していない投資家も多いかと思います。ここでは暗号資産BATの特徴や、BATを取り扱っている暗号資産取引所についてご紹介します。

仮想通貨コラム

暗号資産でインカムゲインを受取る「ステーキング」とは?初心者でもできる暗号資産ステーキング

暗号資産(仮想通貨)市場は値動きが激しいことで有名です。そのため投資初心者が暗号資産投資をするなら長期的な積立投資が向いています。将来、暗号資産の価格上昇を期待して長期間ホールドすることになりますが、暗号資産をただ寝かせておくよりもプログラム上にロックして報酬を得る「ステーキング」という仕組みが注目されています。

仮想通貨コラム

暗号資産市場で今注目のDEXとは?国内の取引所とどう違うのかを元トレーダーが解説

「DEX」市場の月間取引量は4,000億円を越えるほど拡大しており、関連するトークンも高騰しています。トレーダーにとってDEXは「利益を最大化する上で見逃せない新たな取引ツール」になっています。ここでは従来の取引所とDEXの違いについて、そしてDEXを活かした取引戦略についてご紹介したいと思います。

仮想通貨コラム

CoincheckとDMM Bitcoinはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

CoincheckとDMM Bitcoinはどちらも国内で人気の高い仮想通貨取引所です。2012年に設立されたCoincheckはユニークなサービスを次々とリリースして仮想通貨業界をリードしてきたため、多くのユーザーに支持されています。一方でDMM Bitcoinは2018年1月に取引サービスをスタートしましたが、後発ながら金融ノウハウを活かした高機能な取引機能で着実に利用者を獲得しています。

仮想通貨コラム

【初心者向け】ビットコイン投資は複数サービスの利用が必須!お得に暗号資産をもらえるサービスを活用しよう

国内で暗号資産取引所が増えてきたおかげで、暗号資産(仮想通貨)に投資する方法が色々と整ってきています。単純なバイアンドホールドだけではなく、色々なサービスを選べるようになっています。ここではお得に暗号資産を獲得できるサービスを提供している取引所をご紹介します。投資家の皆様の暗号資産運用に活用して頂きたいと思います。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが解説!】投資スタイル別、暗号資産取引所の使い分け方

現在、暗号資産(仮想通貨)や外国為替のFXを含めた投資全般で、個人投資家の関心が高まっています。おそらく、コロナショックを機に将来への不安が高まった心理的背景があるのでしょう。暗号資産に投資をしようと思われた方の中には、どの取引所を利用すればいいのかわからない方も多いと思います。ここでは暗号資産で使える投資手法について紹介し、各手法の利用に適している暗号資産取引所について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

Coincheckと一緒に口座開設しておこう!取引サービスが特徴的な暗号資産取引所をピックアップ

Coincheckは簡単な取引画面を備えているので、暗号資産投資のデビューの場としてCoincheckはおすすめです。ただ、1社に絞るよりも、取引所の口座を複数開設しておくことにメリットがあります。ここでは複数口座開設をする際のポイントやメリット、Coincheckの他に、暗号資産取引所に口座開設するならどこの取引所がおすすめなのかをご紹介します。

仮想通貨コラム

Coincheck・GMOコイン・bitFlyerを比較!初心者におすすめの仮想通貨販売所サービスを解説

ビットコインなどの仮想通貨の投資を始めたいと考える人にとって、専門用語が難解だったり、通貨によって異なる取引単位に戸惑う方も多いと思います。仮想通貨交換業者は、そうしたユーザーでも簡単に売買できるように「販売所」を用意しています。Coincheck、GMOコイン、bitFlyerはどれも販売所を提供していますが、同じ販売所でも3社はそれぞれ機能や取り扱い銘柄などが異なるため、口座開設前に押さえておきましょう。また販売所以外に各社独自のサービスもあります。ここでは、そういった部分も解説していきます。

仮想通貨コラム

取引所方式と販売所方式は使い分けた方がいい?損をしないために知っておくべきポイント

シンプルで直感的に操作できる販売所方式は投資初心者にも利用しやすいよう設計されていますが、操作面や利便性だけで選ぶと、意外にコストがかさんでしまうかもしれません。多くの仮想通貨交換業者は「取引所形式」と「販売所形式」の2種類の取引サービスを提供していますが、取引にかかる手数料設定が異なっています。

仮想通貨コラム

【今から暗号資産投資を始めるなら】CoincheckとGMOコインならどっちがおすすめ?取扱通貨や機能などを徹底比較!

暗号資産(仮想通貨)投資を始めるに当たって、まずは暗号資産取引所に登録する必要があります。この新興産業では日進月歩でサービスが進化しており、各社取扱銘柄や機能・条件など毎月のように更新されています。今回はCoincheckとGMOコインのサービスや機能などを分析していきましょう。

仮想通貨コラム

暗号資産投資はスマホアプリが便利。大手仮想通貨取引所3社のスマホアプリをご紹介

暗号資産(仮想通貨)取引所のサービスは、スマホアプリからでも利用できる所が増えています。ビットコインは現在1 BTC=110万円程ですが、取引所では0.01 BTC、0.001 BTCなどの小さい単位から取引が可能です。実質1,000円以下の少額投資で利用できるので、スマホアプリから気軽に投資を始める若者のユーザーも増えています。

仮想通貨コラム

CoincheckとbitFlyerはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較!

bitFlyerとCoincheckはどちらも日本国内の大手仮想通貨取引所です。どちらも多様な仮想通貨を取り扱っており、販売所と取引所の両方を提供しているので、初心者にとって利用しやすいと評価されています。どっちがおすすめなのか、機能や手数料、取扱通貨など客観的な情報に基づいて分かりやすく解説していきます。

仮想通貨コラム

電気代の支払いでビットコインを取得する、「Coincheckでんき」とは?

Coincheckでんきの「ビットコイン付与プラン」を選択すると、ビットコインがウォレットに毎月付与されるようになります。ビットコインや暗号資産に興味はあるものの、自分自身のお金を使って投資を始める事に対して抵抗を感じる方も多いと思います。そんな方は、まずは「Coincheckでんき」を入り口として利用してみると良いでしょう。

仮想通貨コラム

【今から仮想通貨投資を始めるなら】CoincheckとbitFlyerではどっちがおすすめ?仮想通貨や機能、手数料などを徹底比較!

CoincheckとbitFlyerはどちらも2014年に創業の国内大手の仮想通貨取引所です。仮想通貨投資家の中には、どちらも登録している方は多いものです。今回はCoincheckとbitFlyerの最新サービスや機能などを解説していきます。