TAG coincheck

仮想通貨コラム

初心者におすすめの暗号資産取引所は?選び方と主要5社の比較

暗号資産(仮想通貨)には様々なタイプがありますが、暗号資産取引所によって取扱い数やサービス内容は大きく異なります。この記事では、初めて暗号資産へ投資する際の取引所を選ぶためのポイントや、取引サービスをご紹介します。手数料の安い会社や、サービスの充実した交換事業者を知りたい方はご参考にしてください。

仮想通貨コラム

【スマホで簡単】コインチェックでビットコインを購入する方法【交換レートがわかりやすい】

仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックは、投資初心者でも直感的にわかりやすいと定評があり、多くのユーザーが仮想通貨取引のはじめの口座として利用している様です。ここではスマホを使って、コインチェックでビットコインを購入する方法についてご説明します。

仮想通貨コラム

イーサリアムクラシックのMagnetoアップグレードの目的とは?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)イーサリアムクラシック(ETC)は、7月下旬に大型アップグレード「Magneto(マグネトー)」を予定しています。Magnetoには、イーサリアムの「Berlin(ベルリン)」アップグレードで実装された4つのイーサリアム改善提案(EIP)が含まれます。今回はイーサリアムクラシックのMagnetoアップグレードに焦点をあてて解説したいと思います。

少額投資に適したおすすめの仮想通貨取引所・販売所5選

仮想通貨市場では、株式市場のいわゆる「単元株」のような1株、100株、1,000株といった売買単位は基本的にありません。仮想通貨取引所によって設定している最小注文単位は異なりますが、ビットコイン0.001枚(5月初旬時点で約1,000円)、あるいは日本円で500円から、投資できます。

仮想通貨コラム

取引所方式と販売所方式は使い分けた方がいい?損をしないために知っておくべきポイント

シンプルで直感的に操作できる販売所方式は投資初心者にも利用しやすいよう設計されていますが、操作面や利便性だけで選ぶと、意外にコストがかさんでしまうかもしれません。多くの仮想通貨交換業者は「取引所形式」と「販売所形式」の2種類の取引サービスを提供していますが、取引にかかる手数料設定が異なっています。

仮想通貨コラム

ステーキングとスイングトレードを組み合わせた運用方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

筆者は、仮想通貨(暗号資産)のステーキングがスイングトレード手法と非常に相性が良いと、考えています。スイングトレードは中期的に仮想通貨を保有するため、上手く行けばキャピタルゲインに加えてステーキングで発生したインカムゲインを積み上げることができるでしょう。今回は、スイングトレードの戦略設計を中心に、ステーキングで収益を上乗せする運用戦略について解説します。

仮想通貨コラム

これから仮想通貨投資を始める方向けの手引【最初に知っておきたい業界の常識6選】

仮想通貨(暗号資産)投資は1,000円前後から利用でき、スマホで手軽に取引できるため投資初心者に人気の投資商品となってきています。しかし、仮想通貨はボラティリティが激しいため投資商品としてはハイリスクハイリターンです。特に過去1年間は相場が大きく上昇しており、仮想通貨取引所では新規口座開設者が急増しました。そこで今回は、仮想通貨投資をこれから始める方向けに、最初に知っておくべき業界の常識を6つご紹介します。

仮想通貨コラム

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。

仮想通貨コラム

いまやキャピタルゲインだけではなくなった仮想通貨の資産運用方法。収益を上げる4つの仕組みをご紹介

仮想通貨(暗号資産)の運用方法と言えば、これまでは長期保有やトレーディングでキャピタルゲイン(利ざや)を狙う方法が一般的でした。最近ではDeFiの登場などで新しい運用方法も普及し始めています。今回はそうした新しい仮想通貨の運用方法について解説したいと思います。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ライトコインの現状と今後の注目点

コインチェックやビットフライヤーで取扱いのある仮想通貨(暗号資産)の中でも、ライトコイン(LTC)は、米国を中心に根強い人気があります。2021年1月3日にはリップル(XRP)の時価総額を上回り、一時的に市場ランキング4位に躍り出ました。今回は仮想通貨ライトコイン(LTC)の現状と今後について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資にコインチェックをおすすめする5つの理由

コインチェックは、2021年2月末時点のアクティブに動いている口座数で115万口を誇る国内有数の仮想通貨(暗号資産)取引所です。同社は仮想通貨投資家にとって人気の高い投資商品を揃えています。ここでは仮想通貨投資にコインチェックをおすすめする5つの理由について解説していきます。

仮想通貨コラム

暗号資産の少額投資のメリット・デメリット、おすすめの取引サービスを紹介

投資と聞くと「まとまった資金が必要」という印象があるかもしれません。しかし、暗号資産投資(仮想通貨)の場合、ビットコインが1BTCあたり400万円であっても、1,000円などの細かい数量から購入することができます。今回は少額投資ができる暗号資産取引サービスとそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

仮想通貨コラム

【初心者向け】コインチェックで仮想通貨投資を始める方法:スマホで口座開設編

ビットコインやXRP(エックスアールピー)、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。国内大手の仮想通貨取引所コインチェックの口座開設作業は、スマホで完結できるので便利です。

仮想通貨コラム

【ビットコイン投資初心者向け】目標金額50万円を設定して積立投資をスタートしてみよう

暗号資産取引所GMOコインが2020年4月に行ったユーザーアンケートでは、1578名の回答者の約半数48%が資産運用額を50万円未満に留めていました。経験者でさえ暗号資産の投資予算を50万円に留めているのであれば、初心者はより少額からスタートした方が賢明かもしれません。まずはコツコツ積み立て投資を行い、資産運用額50万円を目指してみましょう。

仮想通貨コラム

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムの変更が意味する事とは?プルーフ・オブ・ステーク(PoS)について解説

現在、イーサリアムの大改修となる「イーサリアム2.0(Eth.2.0)」が進行中です。このアップグレードはコンセンサスアルゴリズムの変更を含む大掛かりなもので、より実用的な性能を備えることでユーザビリティの向上が期待されています。今回はイーサリアムの重要なファンダメンタルズである「イーサリアム2.0」について、どのような意味を持つのか解説します。