コインチェック、Polkadotの取扱いを9月1日より開始

コインチェック株式会社は、2022年9月1日より新たにポルカドット(DOT)の取扱いを開始することを発表した。

これにより、Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却、Coincheck貸暗号資産サービス、Coincheckつみたて、でポルカドットが取り扱われることとなる。

ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーン同士を接続する「インターオペラビリティ(相互運用性)」の実現を目的としたネットワークプロトコル『ポルカドット』の運用に利用されるトークン。『ポルカドット』は、イーサリアムの共同創業者であるGavin Wood氏を中心とした『Web3 Foundation』によって作られた最初のプロジェクトだ。複数のトランザクションを並列処理することが可能なため、送金の遅延やネットワーク手数料の高騰といったスケーラビリティ問題を解決できるとして期待されている。

【参照記事】コインチェック、Polkadotの取扱いを9月1日より開始

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。