PoSで収益率の高いプロジェクトトップ10が発表

トークン化マスターノード投資ファンドのINDXは、コンセンサスアルゴリズム「PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンプロジェクトのうち、最も収益率の高いトップ10のプロジェクトを発表した。8月5日付けでCointelegraphが報じている。

コンセンサスアルゴリズムは、ブロックチェーンにおいてブロック生成を行うためのプロトコルで、いくつもの種類が存在している。代表的なコンセンサスアルゴリズムには「PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)」があり、PoWはトークンを報酬として得ることができる「マイニング」によって成り立っている。PoWは完全な競争形式によるインセンティブ設計であるため、一見合理的な仕組みに見えるが、最終的に資本持つ者同士が設備投資を行う様相を呈しており、近年ではマイニングに必要となる膨大な電力消費が環境に悪影響を与えるという指摘もあった。

PoSはこうしたPoWの問題を受け、過剰な電力消費を必要としないコンセンサスアルゴリズムとして設計された。PoSでは、コインの保有量や保有年数によってマイニングの難易度が調整される仕組みになっており、仮想通貨時価総額2位のイーサリアムがPoSへの移行を続けていることから注目を集めている。

今回発表されたレポートによると、最も収益率が高いトークンは「Pundi-X」で予想利回りは18.46%、第2位は膨大なトランザクション処理が可能でゲーマーの間で注目を集める「IOStoken(IOST)」で予想利回りは14.71%、第3位は複数のブロックチェーンでの相互運用可能にする「Cosmos」で予想利回りは12.34%となっている。国内でも取り扱いのあるホワイトリストのうち、今回のトップ10にランキングしているのはNEMのみで、NEMは第8位にランクインしている。

【関連記事】NEMとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Top Staking Projects of the Crypto World Today: Report


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」