TAG XEM

DMM Bitcoinの口コミ・評判・口座開設

「DMM Bitcoin」は、株式会社DMM.comのグループ会社である株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。また、DMM Bitcoinは国内取引所の中でもアルトコイン証拠金取引の対応通貨が多いことが特徴です。不明点や疑問点についても、問い合わせフォームの対応のほか、LINEでの対応も行っているので初心者でも安心して利用できる仮想通貨取引所です。

仮想通貨コラム

Zaif(ザイフ)で取引が開始された仮想通貨XYM(ジム)とは?ネムとの違いを解説

NEM(ネム)は2021年3月17日にCatapultと呼ばれる大型アップデートを完了しました。これにより、新たにSymbol(シンボル)という新たなブロックチェーンが誕生し、Symbol上で使用されるトークンとして仮想通貨XYM(ジム)が発行されました。今回は、Symbolと仮想通貨XYMについて解説します。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】XYMの現状と今後の予定

NEM(ネム)プロジェクトは2021年3月に待望のプラットフォームのカタパルトアップデートを実装しました。これによりSymbol(シンボル)というエンタープライズ向けの新たなプラットフォームが併設されて、Symbol上で使用されるトークンとしてXYM(ジム)が配布されました。今回はXYMの現状と今後の予定について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨NEMのアップデートで誕生した「Symbol」とは?国内で取り扱いがある仮想通貨取引所を紹介!

仮想通貨取引所Zaifでは、2021年5月10日から、仮想通貨NEMの次期バージョン「Symbol」が順次付与されることが発表されました。また5月17日の15時から取引所で、また19日の15時から販売所でSymbolの取引が開始されました。さらにSymbolの付与を記念しキャンペーンが開催されています。

仮想通貨コラム

【2021年度版】レバレッジ取引ができる暗号資産取引所5社の倍率・銘柄を徹底比較

ビットコインを含め暗号資産の価格が上がっている中、暗号資産市場に参入する企業が増えています。暗号資産取引所の中には現物取引だけでなく、レバレッジ取引ができるところもあります。また2021年に入ってから、レバレッジ倍率の変更や対応銘柄が増えたりと、取引所によって変更が行われています。ここでは国内で暗号資産のレバレッジ取引ができる5社の企業をご紹介します。検討している方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちらがおすすめ?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資で稼ぎたい人が知っておくべき5つのポイント

仮想通貨(暗号資産)投資は1,000円から手軽に始められ、取引所の口座開設の手続きも簡単なので、投資初心者に人気の投資商品となってきています。しかし、仮想通貨は誕生して10年ほどの新興市場であり、浮き沈みの変化が激しいため投資商品としてはハイリスクハイリターンです。そこで今回は、仮想通貨投資で稼ぎたい人が知っておくべき5つのポイントをご紹介していきます。

仮想通貨コラム

アルトコインを豊富に取り扱っている取引所はどこ?アルトコイン投資におすすめの暗号資産取引所4選

仮想通貨(暗号資産)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思います。市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。仮想通貨取引所によって取扱いのあるアルトコインは異なり、各社サービスの差別化要因の一つとなっています。

仮想通貨コラム

スマホで始めるビットコイン投資。コインチェックとDMM Bitcoinの暗号資産取引アプリを徹底比較

暗号資産取引所のスマートフォン用取引アプリはどんどん進化しています。中でも、コインチェックとDMM Bitcoinのスマホアプリは特徴的です。コインチェックはユーザーインターフェースがわかりやすくサービスも多様です。DMM Bitcoinはトレーディング機能の面で突出しています。ここでは両社のスマホアプリを詳しく比較していきます。

仮想通貨コラム

暗号資産ネム(XEM/NEM)のアップデートに備えよう。Symbol(XYM)の取得方法について解説

日本人でも昔から支持者の多いネム(NEM)ですが、2020年12月には大型アップデートを予定しています。ネムの大型アップデート計画は2017年から「Catapult(カタパルト)」という名称で進行しており、現在は「Symbol」と呼ばれています。ここでは、ネムのアップデート「Symbol」について解説したいと思います。

仮想通貨

暗号資産取引はBTC取引がメインに。GMOコイン、8月の暗号資産取引ランキングを発表

GMOインターネットグループで暗号資産取引業を営むGMOコイン株式会社は9月7日、同取引所が提供する「販売所」「取引所(現物取引)」「取引所(レバレッジ取引)」「暗号資産FX」の各サービスにおける取引ランキングを発表した…

仮想通貨コラム

元トレーダーが徹底解説!初心者が暗号資産投資で知っておくべき8つのリスクとは?

暗号資産(仮想通貨)投資と聞くと、2017-18年のバブルとその崩壊や、取引所に対するハッキングなど、ネガティブな印象を抱く方も多いでしょう。特に、値動きが激しいことを指して、投資先として「リスキー」とみなされることも少なくありません。ここでは、暗号資産投資初心者向けに気を付けるべき8つのリスクについて説明していきたいと思います。

仮想通貨コラム

第一種金融商品取引業者とは?登録済みの暗号資産(仮想通貨)取引所・販売所をチェックしておこう

2020年5月1日、改正金融商品取引法が施行されました。この改正に伴って、暗号資産のデリバティブ取引は「金融商品取引法」の規制対象となりました。暗号資産のレバレッジ取引や先物取引を提供する事業者は「第一種金融商品取引業者」として登録をする必要があります。

仮想通貨

bitFlyer、ステラルーメン・ネム取扱を記念し抽選で最大30,000円プレゼントキャンペーンを開始

ビットコイン取引量国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2019年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む))の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社bitFlyerは8月6日、アルトコイン販売所で新たにステラルーメン、ネムの2つの暗号資産の取扱いを開始した。また、新規通貨取扱いを記念しキャンペーンも実施される。

仮想通貨コラム

「DMM Bitcoin」の暗号資産取引サービスについて徹底解説!レバレッジ取引の取扱い種類数 国内No.1!

暗号資産(仮想通貨)というと、ビットコインを思い浮かべる人は多いと思いますが、市場にはXRPやイーサリアムなどさまざまな種類が存在しており、それらは総じて「アルトコイン」と呼ばれています。そして、DMM Bitcoinは国内で最も多くのアルトコインのレバレッジ取引銘柄を提供しており、初心者からトレーダーまで多くのユーザーに支持される暗号資産取引所の一つとなっています。

仮想通貨

Coincheck貸仮想通貨サービス、1万円から貸付可能に。5つのアルトコインの通貨で貸付の募集

マネックスグループ株式会社の子会社で仮想通貨交換業を執り行う株式会社コインチェックは4月14日、同社が提供する「Coincheck貸仮想通貨サービス」で最低貸付量を10万円から1万円相当の仮想通貨に引き下げることを発表し…