Symbol(XYM)をめぐるこれまでの動きを解説

Coincheckは3月18日、同取引所公式ブログにて、NEMにおいて2020年第2四半期(4〜6月)に予定されている「Symbol(XYM)」移行を巡る動きを紹介している。

Symbol(XYM)をめぐって、2019年7月にNEM財団、NEM Studios、NEM Ventures、Tech Bureau Holdingsからなるマイグレーション委員会を設立。セキュリティの強化および処理速度を高めることなどを目的とした大型アップデートを実施し、2020年第1四半期(1〜3月)にローンチすべく活動を開始していた。2020年1月には、パブリックテストネットのローンチおよびブロックチェーンプラットフォームの新名称「SYMBOL From NEM」を発表している。同月、PoI(Proof-of-Importance)投票によりティッカーが「XYM」に決定した。

パブリックテストネットでの検証においてバグを検知したことを受け、テストを継続するためローンチスケジュールを2020年第2四半期(4〜6月)に変更することを2020年2月に発表したが、今後のテストの状況によっては再延期なども検討されている。

【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設
【参照記事】Symbol(XYM)への対応方針について

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」