TAG PoS

仮想通貨コラム

イーサリアム2.0やテゾスなどで実装されている「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」とは?

「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」は、検証作業のインセンティブをトークン保有者に付与することでブロックチェーンの安全性を確保する仕組みです。PoSは電力消費が少なく効率的な承認アルゴリズムとして近年拡大しており、イーサリアムのアップグレード「Ethereum2.0」でも導入されています。ここでは、PoSについてご紹介していきます。

仮想通貨コラム

コインチェックのステーキングサービスとは?暗号資産Lisk(リスク)でインカムゲインを得る方法を解説

暗号資産(仮想通貨)投資の一般的な収益ポイントは、価格が高騰したところで売却して利益を得る「売却益(キャピタルゲイン)」でした。しかし、暗号資産を売却せず、保有し続けることで「インカムゲイン」を得る仕組みも増えてきています。その一つが暗号資産取引所コインチェックが提供している暗号資産リスク(LSK)のステーキングサービスです。

仮想通貨コラム

【元トレーダーが考察!】イーサリアムの大型アップデート「Ethereum2.0」の市場への影響は?

7月の半ばまで24,000円程で推移していた暗号資産イーサリアム(ETH)は、執筆時点(8月5日)には41,000円にまで高騰しています。2週間程で70%もの価格上昇という驚異的なパフォーマンスの背景には、暗号資産コミュニティが心待ちにしているイーサリアムの大型アップデート「Ethereum2.0」があります。

仮想通貨コラム

暗号資産でインカムゲインを受取る「ステーキング」とは?初心者でもできる暗号資産ステーキング

暗号資産(仮想通貨)市場は値動きが激しいことで有名です。そのため投資初心者が暗号資産投資をするなら長期的な積立投資が向いています。将来、暗号資産の価格上昇を期待して長期間ホールドすることになりますが、暗号資産をただ寝かせておくよりもプログラム上にロックして報酬を得る「ステーキング」という仕組みが注目されています。

仮想通貨

暗号資産イーサリアムのステーキングとは?次の大規模アップグレード「Ethereum 2.0」の要点まとめ

イーサリアムの開発者は現在、大型アップグレード「Ethereum 2.0(以下「ETH 2.0」)」に取り組んでいる。時価総額2位の暗号資産は、基盤となるブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムを刷新し、ネットワークの分散化と高速化を目指している。

仮想通貨

注目が高まる仮想通貨のステーキング、資産を預けてインカムゲインを得る仕組みとは?

投資家の間で、保有している仮想通貨をロックして報酬を得る「ステーキング」という仕組みが注目されている。不慣れなトレードによる損失を避け、低リスクで安定的にポートフォリオを成長させる手段として人気を集めているようだ。ビットコインニュースメディアNEWSBTCが報じている。

仮想通貨コラム

ビットコインとイーサリアムの違いとは?初心者でもわかる主要仮想通貨の比較

仮想通貨には、法定通貨のように価値の貯蔵手段や決済手段として作られたものから、決済スピードを早めるためのもの、プラットフォームの動かすためのトークン等利用方法は様々です。ここでは主要通貨であるビットコインとイーサリアムの2つに絞ってどのような違いがあるのかを解説したいと思います。

仮想通貨

PoSで収益率の高いプロジェクトトップ10が発表

トークン化マスターノード投資ファンドのINDXは、コンセンサスアルゴリズム「PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)」を採用するブロックチェーンプロジェクトのうち、最も収益率の高いトップ10のプロジェクトを発表した。8月5日付けでCointelegraphが報じている。