MITがPoSを2022年の10大ブレークスルー・テクノロジーに選出

マサチューセッツ工科大学(MIT)の科学技術誌「MITテクノロジーレビュー」は2月23日、「10大ブレークスルー・テクノロジー」の2022年版を発表した。新型コロナウイルスの飲み薬やタンパク質構造のAI予測などの先進トピックが選ばれる中、ブロックチェーンに利用されるコンセンサスアルゴリズムProof of Stake(PoS)が、6番目に選出されている。

MITはPoSの選出理由として、ブロックチェーンの電力消費量の問題を解決する可能性を挙げた。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとしては、ビットコイン(BTC)などで採用されているProof of Work(PoW)が最も有名だ。

PoWは新しいブロックの生成に、マイニングという難易度の高い計算を行う必要がある。マイニングを最初に成功させたノードに支払われる報酬をめぐって熾烈な競争が発生しており、非常に多くの電力を消費することが欠点だ。そのため、PoW型ブロックチェーンは環境面での悪影響が懸念されている。

PoSはトークンのステーク量によってブロックの承認者を決める仕組みだ。マイニングを必要としないため、PoWに比べ消費電力が非常に少ないという利点がある。

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアム(ETH)では、2022年上半期中に、イーサリアム2.0のアップデートに伴いPoWからPoSへ切り替えることが計画されている。イーサリアムの開発を主導するイーサリアム財団の調査では、PoSへの移行により、イーサリアムの電力消費量が99.95%削減されることが期待できるという。

MITは、イーサリアムがPoSに移行する大型アップグレード「The Merge」が、PoSの普及への決定的瞬間になると最重要視している。計画通りに進めば、イーサリアムはPoSを利用する最も大きなネットワークになるという。

MITはまた、キープレーヤーとしてPoSを採用しているブロックチェーンであるカルダノ(ADA)、ソラナ(SOL)、アルゴランド(ALGO)の名前を挙げている。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】ソラナ(SOL)とは?
【関連記事】ADA(エイダ/カルダノ)とは?
【参照記事】MIT Names Ethereum PoS ‘Top Technological Breakthrough’ In 2022

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec