「フォートナイト」運営のEpic Gamesにソニーが大型出資、メタバース事業に注力へ

ソニーグループが4月11日、人気ゲーム「フォートナイト」を運営するEpic Gamesに10億ドルを投資したことが明らかとなった。Epic Gamesは、計20億ドルの資金調達を実施したと発表している。

Epic Gamesは、調達した資金を使ってメタバース事業に注力するという。調達額のうち残りの10億ドルは、レゴの親会社であるKIRKBIが全額出資したようだ。併せて、KIRKBIとのパートナーシップも締結している。

Epic GamesのCEOであるTim Sweeney氏は、「今回の資金調達は、メタバースを構築することでプレイヤー同士が新たなエンターテイメント体験を享受するために使用します。」とコメント。一方で、暗号資産やNFTについては言及しなかった。

ソニーグループは、今回の出資によりEpic Gamesの株式4.9%を保有することになる。2020年7月に初回出資して以降、今回で3回目の出資となった。Epic Gamesの評価額は315億ドルになるという。

日経新聞の報道によると、ソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長は、「今回のエピックへの出資を通して、クリエーターとユーザーが時間を共有する空間であるメタバースの分野での協業をさらに深化させることを楽しみにしている」とコメントした。

Epic Gamesのメタバースは、必ずしもブロックチェーン上に構築されるわけではないようだ。ただし、CEOのSweeney氏はメタバースをインターネットのようだと表現しており、誰もメタバースを所有・管理することはできないと言及している。

Facebookが10月に社名をMetaに変更して以降、メタバース市場は急速な盛り上がりを見せてきた。暗号資産の中にも、メタバース銘柄として分類されるものも出てきており、Epic Gamesによるメタバース事業と暗号資産の関係性にも注目が集まっている。

【参照記事】Sony and KIRKBI Invest in Epic Games to Build the Future of Digital Entertainment
【参照記事】ソニーG、米エピックに追加出資10億ドル レゴ親会社も

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec