TAG ETH

仮想通貨コラム

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムの変更が意味する事とは?プルーフ・オブ・ステーク(PoS)について解説

現在、イーサリアムの大改修となる「イーサリアム2.0(Eth.2.0)」が進行中です。このアップグレードはコンセンサスアルゴリズムの変更を含む大掛かりなもので、より実用的な性能を備えることでユーザビリティの向上が期待されています。今回はイーサリアムの重要なファンダメンタルズである「イーサリアム2.0」について、どのような意味を持つのか解説します。

仮想通貨コラム

【特集コラム】ERC721やERC1155をよく見るけど、これって何?

NFTというワードがアーティストやクリエイター、暗号資産コミュニティで市民権を得始めてきました。この記事を読んでいただいている方もOpenSeaやRaribleといったプラットフォームを覗いたことがある方も多いのではないでしょうか。ところで、そのようなプラットフォームにERC721やERC1155といった文言を見かけることはないでしょうか。これらのキーワードの意味をご存知ですか?これらの意味をしっかり理解するとNFTに対する解像度がグッと高くなります。

ブロックチェーン

イーサリアム共同創業者のヴィタリック氏、6,000万ドル相当のETHを寄付

イーサリアムの共同創業者であるVitalik Buterin氏が、約6000万ドルを慈善団体に寄付したことがわかった。ドージコインの価格高騰の流れで誕生したSHIBA INU(SHIBA)やAKITA INU(AKITA)といったトークンを焼却(バーン)および売却したとしている。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(5/6~5/12)】Galaxy DigitalがBitGoを買収、Uniswapがバージョン3をローンチして流動性プロバイダーへの機能を拡充

今週(5月6日〜5月12日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、BitGoの買収やUniswapバージョン3のローンチ、イーサリアムのアクティブアドレス数が過去最高を更新などが話題になりました。本記事では、1週間の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。

仮想通貨コラム

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標

FX取引や株取引などと同様に、仮想通貨(暗号資産)の取引でも様々なテクニカル分析が使用されています。特にビットコインやイーサリアムは中心的な仮想通貨であり、取引高も安定しているためテクニカル分析が利用しやすいです。今回は「ビットコインやイーサリアムの取引で利用できるテクニカル指標」について解説します。

その他企業

Bitmainがイーサリアム用ASICマイニングマシンを発表、ASIC耐性のEthashを回避

ビットコインのマイニングプール大手AntPoolを運営するBitmainが、イーサリアム用のASICマシンの最新版を発売する予定であることを4月24日に発表した。イーサリアム2.0によるプルーフオブステーク(PoS)への移行が進められている中、2021年後半のリリース予定となっている。