米スターバックス、Polygonを活用したWeb3メンバーシップ「Starbucks Odyssey」ローンチ

米スターバックスは9月12日、カーボンネガティブを目標に掲げるPolygon(MATIC)基盤によるWeb3対応のメンバーシッププログラム「Starbucks Odyssey」を発表した。

「Starbucks Odyssey」は、スターバックス商品を購入することでスターポイントが溜まる「スターバックスリワード」会員や米国のスターバックス従業員を対象とした、Web3対応の新メンバーシップサービスである。メンバーは、仮想空間でインタラクティブなゲームを楽しんだり、コーヒーの知識を得るためのチャレンジに参加したりすることができる。一連のアクティビティを完了すると、デジタル収集NFT「ジャーニースタンプ」を獲得できるほか、マーケットプレイスで限定版のNFTを購入することもできる。NFT収集でもポイントも加算されるため、ランクが上がったメンバーは、バーチャルで学ぶコーヒーの作り方体験や、限定イベントへの参加、アーティストとのコラボ商品など、さまざまな特典へのアクセスが可能になるという。

Polygonを起用した理由については、エネルギー効率の高いPoS(プルーフオブステーク)アルゴリズムによるPolygonを採用することで、サステナビリティにコミットメントするスターバックスのアプローチを最優先するためと説明。エグゼクティブ・バイスプレジデント、チーフ・マーケティング・オフィサーのBrady Brewer氏は声明で、「オデッセイは、顧客がどこにいてもサードプレイスを再構築する方法の一つ。コーヒーへの愛情が結束するWeb3技術を活用したアクセス可能なデジタルサードプレイスコミュニティを創造しています」と述べた。

本格的なメンバーシップの開始は、今年後半を予定しており、現在は対象者が登録するウェイティングリストが公開されている。スターバックスは、「Starbucks Odyssey」のマーケットプレイスで購入できる限定版切手の収益を一部をパートナーやリワード会員に還元するための活動に寄付する予定で、フィードバックを参考にサービス改革を続けていきたいとしている。

【参照記事】Starbucks brewing revolutionary Web3 experience for its Starbucks Rewards members

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。