TAG NFT

NFT

LINE NFTの使い方とセールスパートナー制度とは?

22年11月8日、LINEの暗号資産(仮想通貨)関連事業およびブロックチェーン関連事業を手がけるLINE Xenesis株式会社は、同社が運営を行うNFTマーケットプレイス「LINE NFT」において、新たに「セールスパートナー制度」をスタートしたことを明らかにしました。ここではLINE NFTの概要や具体的な使い方、また今回新たに発表されたセールスパートナー制度について、詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

バーチャルシティコンソーシアムとガイドラインver1.5の詳細について解説

22年11月8日、メタバースに関する業界団体バーチャルシティコンソーシアムが国内のメタバースおよび都市連動型メタバース業界のさらなる発展を目的とした「バーチャルシティガイドライン ver.1.5」を発表しました。今回はその概要や特徴などを詳しく解説していきます。

NFT

ピースワンコ・ジャパンやCatRescueのような動物愛護NFTとは

投資を行う際、大きな利益を上げることよりも、できるだけ損失を被らないことを優先して行動するというトレーダーの方も多いのではないでしょうか。一般的に、投資におけるこのような意思決定の方法は「プロスペクト理論」という行動経済学に基づいていると言われてます。そこで今回は、仮想通貨トレードでも考えるべき投資理論「プロスペクト理論」について、詳しく解説していきます。

NFT

DAO(自律分散型組織)で変化するNFT「ヘッジー」が秘めたポテンシャル

ハリネズミをモチーフにした「Hedgies(以下、ヘッジー)」は、DEX(分散型取引所)のdYdXが販売する独自のNFTだ。取引所が販売するNFTならではの特典を備えており、多くの優秀なトレーダーが所有している。しかし、ヘッジーのポテンシャルは、既存の特典に留まらない。本当に注目すべきなのは、dYdXのコミュニティではさまざまなユーティリティ付与が議論されている点だ。

NFT

データから見るトレーダー向けNFTマーケットプレイス

2021年頃にブームを引き起こしたNFTの取引を行うOpenSeaを筆頭としたマーケットプレイスは、2022年には多数の企業やプロジェクトが参入し、様々なNFTマーケットプレイスを提供しています。以前の記事でもNFTマーケットプレイスをまとめましたが、今回は以前扱わなかったものを取り上げ、さらにデータを用いて比較を行い、NFTマーケットプレイスについて概観します。