TAG ethereum

NFT

米Coinbase、NFTマーケットプレイスのβ版をリリース

米大手暗号資産取引所Coinbaseは4月20日、NFTマーケットプレイスであるCoinbase NFTのβ版をリリースしたことを発表した。マーケットプレイスの閲覧は誰でも可能だが、現在は先行してウェイティングリストに登録していた一部のユーザーがNFTを売買できる。今後は徐々に利用者を拡大していき、全員が利用できるようになる予定だ。

DeFi

DeFi関連企業bloXroute、SoftBank Vision Fund 2のシリーズB資金調達ラウンドで7,000万ドルを調達

DeFi取引用のツールを提供するBloXrouteは、SoftBank Vision Fund 2が主導するシリーズB資金調達ラウンドで7,000万ドルを調達した。投資家にはソフトバンク、Jane Streetの他、Dragonfly Capital、ParaFi Capital、Lightspeed Venture Partners、GSR、Flow Tradersが含まれている。

暗号資産取引所の使い方

【18歳からの仮想通貨投資】BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法ををご紹介:スマホ版

ビットコインやXRP、イーサリアムなど、仮想通貨(暗号資産)投資に挑戦したい方にとって、最初のステップが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。今回は、4月1日から18歳と19歳の方による口座開設の受け付けを開始した仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の口座開設方法についてご説明します。

暗号資産・ブロックチェーン

【18歳からの仮想通貨投資】ビットバンク(bitbank)の口座開設方法をご紹介:スマホ版

ビットコインやXRP、イーサリアムなど仮想通貨(暗号資産)に投資したい方にとって、最初のステップとなるのが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。今回は、4月1日から18歳と19歳の方による口座開設の受け付けを開始した仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)の口座開設方法についてご説明します。

暗号資産取引所の使い方

【18歳からの仮想通貨投資】 Zaif(ザイフ)の口座開設方法をご紹介;スマホ版

ビットコインやXRP、イーサリアムなど、仮想通貨投資に挑戦したい方にとって、最初のステップが仮想通貨取引所でアカウントを開くことです。今回は、4月1日から18歳と19歳の方による口座開設の受け付けを開始した仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の口座開設方法についてご説明します。

暗号資産取引所の使い方

貸仮想通貨をするならどこがおすすめ?レンディングサービスを提供している仮想通貨取引所3社を徹底比較!

「貸仮想通貨(レンディング)」という言葉を聞いたことがあっても、その仕組みや、どこの仮想通貨取引所で提供しているのか分からないという人も多いのではないでしょうか。国内で「貸仮想通貨(レンディング)」サービスを提供している代表的な仮想通貨取引所には、Coincheck、GMOコイン、BITPointがあります。ここでは、各社サービスの内容や年率の違い、レンディングの仕組みやメリット・デメリット、そして注意点について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

暗号資産取引所の使い方

デジタルユーロ協会と提携した米リップル社のねらいについて解説【中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究とは?】

デジタル通貨に特化したシンクタンクである「デジタルユーロ協会(DEA)」が2022年2月11日に米リップル社との提携を発表しました。リップル社はデジタルユーロ協会と共同でCBDC(中央銀行デジタル通貨)の研究開発に取り組むとしており、注目を集めています。そこで今回はデジタルユーロ協会とリップル社の概要と、提携の目的について解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

セカンドレイヤーとサイドチェーンは何が違うの?仮想通貨に関する素朴なギモンに答えます

セカンドレイヤーやサイドチェーンは、どちらも現在ブロックチェーンが抱えているスケーラビリティ問題を解決するソリューションとして語られることの多い技術です。しかし、2つの違いについてはっきりと理解している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、セカンドレイヤーとサイドチェーンの違いについて、両者の概要や仕組みを踏まえながら解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

ESGの観点から見たイーサリアムのPoSへの移行について【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

ブロックチェーンの電力消費量の課題解決を目指して、イーサリアムはコンセンサスメカニズムのアップグレードを計画しています。イーサリアムは現行のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)」から「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」に移行することで、環境に配慮したシステムへの移行を目指しています。今回は、ESGの概要とイーサリアムのESGに対する取り組みについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。

仮想通貨コラム

ビットバンクを有効的に利用する方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

日本では仮想通貨取引所が増えており、それぞれ特色が色濃くなってきています。これから仮想通貨に投資したいと考えている投資家は、どの仮想通貨取引所を使うか検討している方も多いでしょう。ここでは様々な仮想通貨取引所の中でも、老舗の仮想通貨取引所であるビットバンク(bitbank)について使い方を解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨市場の『魔界』とは?投資家を魅了する『草コイン』について解説

草コインというのは玉石混合のアルトコイン群を指しており、中には数か月で10~100倍近く高騰したケースもあれば話題になることも増えてきます。しかし、こうしたアグレッシブな草コイン投資家を狙う詐欺的なプロジェクトも増加しており、一部の市場は『魔界』と化しています。今回は仮想通貨市場の魔界に巣食う、草コインについて解説します。

仮想通貨コラム

ビットバンク(bitbank)のメリットとデメリット、他社との補完関係【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨取引所も取扱い銘柄や利用可能な取引形式などその違いは様々です。今回は、スプレッド手数料が比較的小さく(取引所形式)、日常的なトレーディングにも使いやすい仮想通貨取引所の1つであるbitbank(ビットバンク)のメリットとデメリット、そして補完方法について解説します。

仮想通貨コラム

Coincheck(コインチェック)とZaif(ザイフ)の特徴や機能を徹底比較【仮想通貨(暗号資産)取引所】

ビットコインを始めとする仮想通貨(仮想通貨)が高騰する中で、仮想通貨取引所間の競争も激化しています。ユーザーにとって便利なサービスが整ってくる中、複数の企業で口座を開いておいて目的別に使い分けている方も少なくありません。ここでは、Coincheck(コインチェック)とZaif(ザイフ)について機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。