TAG ethereum

暗号資産・ブロックチェーン

OKCoinJapanに上場するZIL(ジリカ)とは?

22年11月10日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「OKCoinJapan」は、販売所サービスで新たに「ジリカ(ZIL)」の取り扱いをスタートしました。ZILの国内における上場はこれが初の事例です。今回はOKCoinJapanで上場した仮想通貨ZILについての概要や特徴、今後の展開などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

グリーとアバランチが提携する目的とは? 今後の動向について解説

22年10月28日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「GREE(グリー)」の運営でしられるグリー株式会社が、レイヤー1高速ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」の開発を手がけるAva Labs(アバ・ラボ)との戦略的パートナーシップを発表しました。今回は、グリーとアバランチの戦略的パートナーシップ締結について、その概要や目的、今後の動向などを詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

貸仮想通貨をするならどこがおすすめ?レンディングサービスを提供している仮想通貨取引所3社を徹底比較!

「貸仮想通貨(レンディング)」という言葉を聞いたことがあっても、その仕組みや、どこの仮想通貨取引所で提供しているのか分からないという人も多いのではないでしょうか。国内で「貸仮想通貨(レンディング)」サービスを提供している代表的な仮想通貨取引所には、Coincheck、GMOコイン、BITPointがあります。ここでは、各社サービスの内容や年率の違い、レンディングの仕組みやメリット・デメリット、そして注意点について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

NFT

COMSAがリリースしたBUNDLE(旧NCFT)β版とは?使い方まで徹底解説

22年9月27日、ブロックチェーン関連企業であるテックビューロ株式会社は、自社が展開するマーケットプレイスCOMSA(コムサ)にて、「BUNDLE(旧NCFTβ)版」の取り扱いをスタートしました。今回は、COMSAが新たにリリースしたBUNDLEについて、その概要や特徴、使い方までを徹底解説していきます。

仮想通貨コラム

Zaifのお手軽トレードの新機能「買い止め 売り止め」の使い方とは?

22年9月28日、株式会社カイカエクスチェンジが手がける国内の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が、自社の人気サービス「自動売買おてがるトレード」に新機能を追加したことを発表しました。
今回は、Zaifが新たにリリースしたお手軽トレードの新機能「買い止め」および「売り止め」について、その概要や使い方を詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitFlyerに上場したポリゴン(MATIC)のアップデートについて解説

22年8月2日、国内最大級の仮想通貨取引所である「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、「アルトコイン販売所」サービスにおいて新たに「ポリゴン(MATIC)」の取り扱いをスタートすることを明らかにしました。今回は、bitFlyerで新たに取り扱われるポリゴン(MATIC)について、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

コインチェックが取り扱いを開始した「Moonbirds」とは?【Coincheck NFT(β版)】

暗号資産(仮想通貨)取引所「Coincheck(コインチェック)」は、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」において、「Moonbirds(ムーンバーズ)」の取り扱いをスタートすることを明らかにしました。ここではCoincheckが取り扱いを開始するMoonbirdsについて、その概要や特徴、今後の展開などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitbank(ビットバンク)が新たに提供する「信用取引サービス」とは?

22年8月5日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクが、信用取引(レバレッジ取引)サービスの提供をスタートすることを明らかにしました。今回は、新たにスタートするビットバンクの「信用取引サービス」について、その概要や特徴、今後の展開などを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

bitbank(ビットバンク)に上場する仮想通貨スパーク(FLR)とは?

22年8月12日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所である「bitbank(ビットバンク)」が、新たに「スパーク(FLR)」の取り扱いをスタートする方針を明らかにしました。今回は、bitbankに新たに上場される予定であるFLRトークンについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

コスプレNFTサイトCurecos(キュアコス)とは?【仮想通貨コスプレトークン(COT)が利用できる】

Curecosとは、ブロックチェーン技術を用いたコミュニティサイトで、コスプレイヤーやそのファンがさまざまな活動や交流を行うことが可能なプラットフォームを展開しています。これまではベータ版のみが提供されていましたが、22年6月29日に正式版が公開されました。今回は、NFTサービス「Curecos」について、その概要や特徴、今後の展開を解説していきます。

仮想通貨コラム

イラストコミッションサービスSkebが仮想通貨取引所ZaifにてIEOトークンセールを検討する狙い

22年6月、日本でイラストコミッションの支援サービスサイト『Skeb』を運営する株式会社スケブが、暗号資産(仮想通貨)取引所Zaifを運営する株式会社カイカエクスチェンジとIEOの実施を検討する覚書を締結したことを発表しました。今回は、ZaifでのIEOを検討するSkebのサービス概要、IEOを行うメリット、また、SkebがIEOを利用する狙いなどについて解説していきます。

仮想通貨コラム

Zaifの自動売買おてがるトレードサービスとは【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)では、仮想通貨の自動売買が可能となる新サービス「自動売買おてがるトレード」がリリースされました。今回は、新たに追加されたZaifの自動売買おてがるトレードサービスについての概要や特徴について解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

国内仮想通貨取引所とレンディング専門会社の違い【暗号資産を貸して増やす】

日本の暗号資産(仮想通貨)のユーザー数も増加し、資産運用手段である「レンディング」にも注目が集まっています。レンディングサービスを提供する国内仮想通貨取引所や企業も増えています。今回は、レンディングサービスを提供している国内仮想通貨取引所と専門会社について、概要や特徴などを踏まえて解説していきます。

NFT

米Coinbase、NFTマーケットプレイスのβ版をリリース

米大手暗号資産取引所Coinbaseは4月20日、NFTマーケットプレイスであるCoinbase NFTのβ版をリリースしたことを発表した。マーケットプレイスの閲覧は誰でも可能だが、現在は先行してウェイティングリストに登録していた一部のユーザーがNFTを売買できる。今後は徐々に利用者を拡大していき、全員が利用できるようになる予定だ。