世界銀行、ブロックチェーン債再発行にて約36億円の調達へ

世界銀行が8月16日、2度目となるブロックチェーン債を発行して約36億円にわたる資金調達をした。

同債券発行は豪コモンウェルス銀行に委託され、イーサリアムのプライベートチェーン上の債券「bond-i」販売により、5,000万豪ドル(約36億円)を調達したという。最初のbond-i債券が発行された昨年8月の調達額と合わせると総額は1億6,000万豪ドルに達している。

世界銀行(国際復興開発銀行)は昨年8月、ブロックチェーン技術を活用した世界初新型債券である「ボンダイ」 ( bond-i = Blockchain Operated New Debt Instrument)の発行条件を提示した。同行によると、ボンダイは分散型台帳を使用しライフサイクルを通じて作成、割り当て、譲渡、管理されるブロックチェーン債券であると説いう。今後、さらなる追加の機能を提供し、決済、保管、規制コンプライアンスの効率を向上させる意向だ。

世界銀行(国際復興開発銀行、IBRD)は 1944年に設立され、189か国が所属するグローバル開発協同組合として運営されている。貧困国支援や継続的発展サポートを目的とした、信用貸し、保証、リスク管理製品、および助言サービスを提供している。

豪州はブロックチェーン技術と政府支援の調和水準が高いことに加え、すでにカンガルー債で世界銀行債の知名度が高い。債券販売を委託された豪州のコモンウェルス銀行(Commonwealth Bank of Australia=CBA)には、専任チームが存在し、債券プラットフォームの開発において重要な役割を果たす統括的存在に位置する。

世界銀行ファンディング部門のヘッドを務めるアンドレア・ドーア氏は、投資家やパートナーからの継続的で強力なサポートとコラボレーションに満足していると述べ、デジタル化を促進し、経済の生産性を高め、持続的に技術進展を加速させる鍵となると示唆した。

【関連記事】https://www.fxstreet.com/cryptocurrencies/news/private-ethereum-blockchain-bonds-worth-338m-sold-by-world-bank-201908202203

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」