パブリックチェーンとは・意味

パブリックチェーンとは、誰でも自由にネットワーク参加可能なブロックチェーンを指します。ブロックチェーンには、パブリックチェーンとプライベートチェーンの2種類が存在します。

ブロックチェーンには、可用性と分断耐性という2つの特徴があります。この特徴は、インターネットのサービス事業者が提供したい、一貫性・可用性・分断性の3つの性質を表すCAP定理を指します。

パブリックチェーンを形成するネットワークは、誰でも自由に参加可能であることから、全体の母数が不明であり、悪意を持つノードもネットワークに参加している可能性があります。こうしたネットワーク内において、パブリックチェーンはPoWやPoS、PoIなどの経済的インセンティブによるコンセンサスアルゴリズムを採用し、ネットワーク参加者の総意を反映した整合性のあるデータを記録しています。

パブリックチェーンは、公共性や真正性などを担保でき、データの透明性に優れています。パブリックチェーンは整合性の取れたデータをブロックチェーンに記録するために、ネットワーク参加者全員のコンセンサスを得る必要があることから、データの処理速度はプライベートチェーンと比べて遅い傾向にあります。

パブリックチェーンの例として、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインSV、NEM(XEM)などがあります。

パブリックチェーンに関するニュース一覧

仮想通貨に関する用語集の一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」