世界経済フォーラム、第4次産業革命を見据え「ブロックチェーン協議会」設立

世界情勢の改善を使命とする独立国際機関である世界経済フォーラム(WEF)は29日、第4次産業革命を見据えて各国規制のガイドライン策定を目的とする「第4次産業革命協議会」を発足した。

第4次産業革命協議会の一つ「ブロックチェーン協議会」議長には、アフリカを拠点に決済事業を展開するBitPesa代表Elizabeth Rossiello氏と世界銀行の情報技術ソリューション担当副社長Denis Robitaille氏の2名が務める。

第4次産業革命協議会の対象となる6つのテクノロジーは、ブロックチェーン・人工知能・自動運転車・ドローン・IoT・精密医療だ。協議会は200を超える政府、民間、学者などによって構成され、政策や規制に関する知見の交換とマルチステークホルダーの協力によって、より実態に沿ったルール策定を進めていく考えだ。

【参照記事】World Economic Forum Inaugurates Global Councils to Restore Trust in Technology


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」