日本初、グロービス経営大学院がブロックチェーン技術による修了証明書を試験的に発行へ

グロービス経営大学院は13日、同機関の日本語MBAプログラム卒業生向けにブロックチェーン技術による修了証明書の発行を実験的に行うと発表した。文部科学省認可の学位を授与する教育機関が、ブロックチェーン技術を活用した修了証明書を発行することは日本初だ。同試験の運用は7月から開始する予定だ。

グロービス経営大学院は、「社会に創造と変革をもたらすビジネスリーダーの育成」を目的とする私立大学だ。企業や官公庁、団体等における3年以上の社会人経験を有する者の入学を許可しており、2019年4月の入学者は902名に達した。

今回の取り組みは、改ざんが困難なブロックチェーン技術を活用してデジタルの修了証明書の即時発行を可能にし、証書の信頼性と利便性を向上させることが目的だ。修了証明書を確認したい卒業生は、スマホアプリや認証サイトを通じてブロックチェーンにアクセスし、修了証明書の真正性を証明することができる。これにより、国外の卒業生でも発行を申請した後、即座に修了証明書を手にすることが可能だ。

このブロックチェーン証明書発行システム「Credentia」は、株式会社Credentia Blockchain Technologiesにより提供されている。株式会社Credentia Blockchain Technologiesは、社会をよりシームレスなものにアップデートしていくことを使命としており、ブロックチェーン領域における次世代のデジタルIDシステムの開発に取り組んでいる。同システムは、経済産業省主催「ブロックチェーンハッカソン2019」にて、コンピュータ・ソフトウェア協会賞を受賞した高橋翔太氏のthinkShake製作所と共同開発している。

【参照記事】グロービス経営大学院、日本初の「ブロックチェーン技術による修了証明書」発行へ

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。