イーサリアムのスケーリング問題解決を目指すZK-SNARKs Plasmaがテストネットにローンチ

イーサリアムの開発を行うEthereum FoundationとPlasmaプロトコルによるスケーラビリティ問題解決に取り組むMatter Inc.は1月3日、イーサリアムのスケーリング問題を解決を目指すZK-SNARKs Plasmaのテストネットにおけるローンチを発表した。

今回テストネット上でローンチされたZK-SNARKs Plasmaは、1秒間に500以上のトランザクションを可能にする技術だ。ZK-SNARKs Plasmaでは、トランザクションの検証を以下の手順で行う。まず、ブロックを提案するノードは、生成したブロックが正しいことを証明するSNARKsを送信する。新規のブロックはスマートコントラクトによって自動的に検証される。誤ったブロックがブロックチェーンに取り込まれることがなくなるため、ユーザーは常にオンラインで、トランザクションの監視をする必要がなくなる。

ZK-SNARKs Plasmaは、Vitalik Buterin氏(以下、ヴィタリック氏)とJoseph Poon氏(以下、ジョセフ氏)の提案したPlasmaと技術的に異なる。Ethereum FoundationとMatter Inc.は、ZK-SNARKs Plasmaにより、結果としてトランザクション手数料を50分の1に削減することが可能なため、Plasmaの名前を用いることは正当だとした。ヴィタリック氏も自分のtwitter上で、技術的にPlasmaではないことを主張した上で、こんなにも早く実装されると期待していなかったと賞賛している。

Plasmaは、2017年8月にヴィタリック氏とジョセフ氏によって提案された。Plasmaは、トランザクションをオフチェーンであるサイドチェーンを用いて処理した後、サイドチェーンで処理したデータをブロックチェーンに収納するというスケーリング手法だ。スケーリングの問題解決には、セキュリティとトランザクション処理スピードがトレードオフ関係にあり、開発では2つを両立させることに焦点が当たっている。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【公式サイト】Ethereum Foundation
【公式サイト】Matter Inc
【参照URL】Vitalik Non-giver of Ether @VitalikButerin
【参照URL】Plasma: Scalable Autonomous Smart Contracts
【参照記事】Introducing Ignis: Fire Plasma

The following two tabs change content below.
藤田 正義

藤田 正義

「難解な用語を誰でもわかるように」をモットーに「HEDGE GUIDE」では、ニュース記事・コラム記事・プレスリリースなどの執筆を担当。チャートを1日中見続ける、海外の情報収集により投資判断を行うなどの経験から、独自のマーケット分析を行う。原動力は、好奇心。