米国議員、Facebook主導の仮想通貨Libraについて意見交換するためにスイス訪問

米国下院議員団6名は、Facebook主導の仮想通貨プロジェクトLibraについて意見交換を行うためにFacebook子会社のCalibraが拠点を構えるスイスの連邦データ保護情報委員(FDPIC)エイドリアンロブシガー氏の元を訪問した。8月19日、Cointelegraphが報じている。

米下院議員を率いたマキシン・ウォーターズ氏は、下院金融サービス委員会の委員長を務めており、以前Libraのもたらすリスクを的確に把握するまで、Libraの開発を停止するよう要求していた。米国下院議員の目的はLibraを取り巻く規制上の問題を明らかにすることだ

EDPICの広報責任者であるHugo Wyler氏は、Facebookがスイスの規制当局にLibra登録に関する連絡をしていないとして、仮想通貨Libraの統括をするLibra associationに詳細を説明するように書面を送っている。

デービッド・マーカス氏は、7月中旬に行われた米国下院での公聴会において、Calibraの拠点を米国ではなくスイスにした理由について「仮想通貨を利用したビジネスを行う上でスイスは国際的な場所だ」と発言している。

スイスは仮想通貨やブロックチェーン、ICOについて諸国と比較しても前向きな姿勢をとる国だ。中国や韓国などはトークンによる資金調達手法ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)を禁止し、国際的にも厳しい規制の対象となる流れがある中、スイスはICOに関するルールを独自に策定し、認めている。

【参照記事】US Lawmakers to Visit Switzerland to Discuss Crypto, Facebook’s Libra


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
藤田 正義

藤田 正義

「難解な用語を誰でもわかるように」をモットーに「HEDGE GUIDE」では、ニュース記事・コラム記事・プレスリリースなどの執筆を担当。チャートを1日中見続ける、海外の情報収集により投資判断を行うなどの経験から、独自のマーケット分析を行う。原動力は、好奇心。