コインベースウォレットがソラナへの対応を開始

米暗号資産取引所Coinbaseは3月18日、同社が提供する暗号資産ウォレット「コインベースウォレット」が、ソラナ(SOL)エコシステムへの対応を開始したことを発表した。

コインベースウォレットは取引所などに管理を委ねるのではなく、自分自身で資産を管理するセルフカストディ型だ。同じセルフカストディ型ウォレットとしてはMetaMaskなどがあげられる。

コインベースウォレットは複数のブロックチェーンに対応するマルチチェーンウォレットとして機能を拡張している。これまでにイーサリアム(ETH)、アバランチ(AVAX)、BNBチェーン(BNB)、Polygon(MATIC)などに対応してきた。

発表によると、ユーザーはウェブブラウザ拡張機能として提供されるコインベースウォレットを利用し、ソラナおよびソラナ基盤の代替可能トークン(SPL)の管理、入出金が可能になったという。

ソラナはスケーラビリティに強みを持つブロックチェーンだ。イーサリアムが1秒あたり15から30回のトランザクションしか処理できない一方、ソラナは約6万5,000回のトランザクションを処理できるといわれている。

また、ソラナは昨年急激にユーザー数を増やしていた。CoinMarketCapによると、時価総額は現在およそ3兆5,000億円であり、これは暗号資産全体で9位につける。

コインベースは発表で、「数百万の人々が分散型アプリケーション(DApps)の世界や暗号資産エコシステムにシームレスに参加できるようにしたい。ソラナは取引にかかる時間が短く手数料も安いため、多くの人が利用しやすいネットワークだ。Web3.0への入り口に最適だと言える。」と言及した。

今回のアップデートはウェブブラウザ拡張版のみであり、モバイルアプリ版ではソラナ上の資産を表示することはできない。また、NFT(非代替性トークン)を管理することも現段階ではできないようだ。

分散型アプリケーションへの接続や、ソラナ上のNFTを表示、管理する機能は今後数ヶ月の間に追加していく予定だという。

【参照記事】Coinbase Wallet introduces support for the Solana ecosystem

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec