TAG DApps

NFT

レイヤー2(L2)上で広がるNFTの世界

イーサリアムにおけるガス代高騰の解決策として様々な方法が考案されていますが、その一つが「レイヤー2(L2)」と呼ばれるものです。レイヤー2によって処理能力の向上を目指し、ユーザーの負担を軽減することを見込めることから、イーサリアム上の様々なDAppsにも利用できるのではないかと期待感が高まっています。今回は、レイヤー2上で広がるNFTについてまとめたいと思います。

NFT

【重要ニュースまとめ(2/26~3/4)】ウクライナ支援のためのDAOが設立、ETHで6億ドル以上を集める。The DAO事件の犯人が特定か

今週はEUでのビットコイン禁止計画やウクライナDAOの設立、The DAO事件の犯人特定に関するニュースが話題となりました。ロシアとウクライナの動向は、暗号資産市場全体にも大きく影響を与えており、引き続き注視が必要です。2022年はイーサリアムのセカンドレイヤー元年になることが予想され、StarkNet以外にも、ZK-Rollupの分類ではzkSyncが、Optimistic-Rollupの分類ではArbitrumやOptimismがエコシステムを拡大しています。

暗号資産・ブロックチェーン

Solana上のDeFiプロトコル「Alf Protocol」のポテンシャルとは?

Solanaエコシステム上のDeFiプロジェクトの一つとして、2022年第1四半期には「Alf Protocol」がローンチする予定です。誰でも仮想通貨SOLをAlf Protocolに持ち込んで、金利やガバナンストークンを稼げるようになります。今回は、Solana上のDeFiプロトコル「Alf Protocol」について、その概要や特徴を解説します。

NFT

【重要ニュースまとめ(1/22~1/28)】イーサリアム財団がイーサリアムをリブランディング、NFT Security Groupの詳細が公開

2022年に入り最初の1ヶ月が終わろうとしているタイミングとしては、昨年からのトレンドが引き続き盛り上がりを維持しているように感じます。暗号資産市場の価格としては下落傾向になりますが、そういったタイミングにこそパブリックブロックチェーンなどの基盤システムに改めて目を向けてみることをおすすめします。

brave暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨ベーシック・アテンション・トークンの動向をチェック【2022年版】【Braveブラウザー5000万MAU突破】

コインチェックやGMOコインなど多くの国内の仮想通貨取引所が取り扱うベーシックアテンショントークン(BAT)は、月間アクティブユーザー数が5000万を超えるBraveブラウザ上で利用できる仮想通貨として注目を集めています。今回は仮想通貨BATの概要や今後の動向や見通しについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。

暗号資産・ブロックチェーン

異なるブロックチェーンを結びつけるポルカドットのパラチェーンとは?

GMOコインやビットフライヤーでも取り扱いのある仮想通貨ポルカドットについて、パラチェーンの展開がいよいよ本格的に進められています。今回は、ポルカドットに関する基本的な事項とパラチェーンの革新性、またポルカドットの将来性と購入方法について解説します。

NFT

【重要ニュースまとめ(11/13~11/19)】ビットコインの大型アップデート「Taproot」が実装完了、Paradigmが過去最高額となる業界特化型ファンドを組成

今週は、ビットコインのTaproot実装やParadigmの巨額ファンドなどが話題となりました。ビットコインは、最も分散化された暗号資産であるため、開発スピードが遅いこともあって大型のアップデートが数年に一度しか起こらない点が特徴です。その分、実装されたタイミングでは大きく話題になる傾向があると言えるでしょう。