TAG DApps

暗号資産・ブロックチェーン

コインチェック上場のポルカドット(DOT)のアップデートについて解説

22年8月23日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Coincheck(コインチェック)が「ポルカドット(DOT)」の取り扱いをスタートする方針を明らかにしました。今回は、Coincheckに新たに上場した「ポルカドット(DOT)」について、そのアップデート状況などを詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

ビットポイントがエイダのステーキングサービス開始!ステーキングサービス内容につて解説

2022年7月27日(水)、仮想通貨取引所ビットポイントがエイダ(ADA)のステーキングサービスを開始しました。ここではステーキングサービスの特徴から注意点、そしてビットポイントでのステーキングルール、対象となっているエイダの特徴について解説します。

仮想通貨

OKCoinJapan、国内初となるアバランチの取り扱い開始へ

オーケーコイン・ジャパン株式会社は6月10日、同社が提供する暗号資産取引所にて、「アバランチ(AVAX)」を6月16日に取り扱い開始する。これにより、OKCoinJapanは、15種類の暗号資産を取り扱うこととなる。記事執筆時点で、アバランチ(AVAX)の取扱いは国内初となるという。

NFT

レイヤー2(L2)上で広がるNFTの世界

イーサリアムにおけるガス代高騰の解決策として様々な方法が考案されていますが、その一つが「レイヤー2(L2)」と呼ばれるものです。レイヤー2によって処理能力の向上を目指し、ユーザーの負担を軽減することを見込めることから、イーサリアム上の様々なDAppsにも利用できるのではないかと期待感が高まっています。今回は、レイヤー2上で広がるNFTについてまとめたいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

Solana上のDeFiプロトコル「Alf Protocol」のポテンシャルとは?

Solanaエコシステム上のDeFiプロジェクトの一つとして、2022年第1四半期には「Alf Protocol」がローンチする予定です。誰でも仮想通貨SOLをAlf Protocolに持ち込んで、金利やガバナンストークンを稼げるようになります。今回は、Solana上のDeFiプロトコル「Alf Protocol」について、その概要や特徴を解説します。

brave暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨ベーシック・アテンション・トークンの動向をチェック【2022年版】【Braveブラウザー5000万MAU突破】

コインチェックやGMOコインなど多くの国内の仮想通貨取引所が取り扱うベーシックアテンショントークン(BAT)は、月間アクティブユーザー数が5000万を超えるBraveブラウザ上で利用できる仮想通貨として注目を集めています。今回は仮想通貨BATの概要や今後の動向や見通しについて解説します。

暗号資産取引所の使い方

「イーサリアムを購入したい!」そんな人におすすめの仮想通貨取引所3選

投資する仮想通貨を分散するのであれば時価総額が大きい順番にポートフォリオを組むことがおすすめですが、ビットコインはともかくイーサリアムがどんな仮想通貨なのかご存じない方もいるのではないでしょうか。ここでは、イーサリアムの機能や今後の展望、国内で取り扱っているおすすめの仮想通貨取引所についてご紹介します。