ビットポイントジャパン、IOST(アイオーエスティー)の新規取扱い開始

株式会社リミックスポイントの連結子会社(孫会社)である株式会社ビットポイントジャパンは、5月10日より、新たに暗号資産IOSTの取扱いを開始した。

IOSTは、Internet of Services Foundationにより発行された独自の暗号資産。IOSTプラットフォーム上で使用される基軸通貨であり、ユーザーは独自コンセンサスアルゴリズムのProof of Believability(PoB)により、安全性を保ちながら、高速で拡張性の高いブロックチェーン上での送受金やDApps(分散型アプリケーション)の開発・利用が可能だ。クロスチェーンブリッジやイーサリアムとの互換性も計画されており、他のブロックチェーンプラットフォームとも連携しながらエコシステムの拡大を行っている。

また、ビットポイントジャパンでは、IOSTの取扱いを記念して、以下のキャンペーンを実施している。


【参照記事】ビットポイントジャパンにおける暗号資産「IOST(アイオーエスティー)」の新規取扱い開始のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。