TAG IOST

仮想通貨コラム

Coincheck(コインチェック)のサービスと、仮想通貨取引ツールの使い方について解説

仮想通貨(暗号資産)取引所Coincheckは、取り扱い仮想通貨数が国内ナンバーワンで、長期投資に役立つレンディング(貸仮想通貨)やステーキングサービスを始め、ビットコイン還元のついた電気・ガスの支払いサービスなど、仮想通貨取引のみならず幅広く事業展開をしています。今回はCoincheck(コインチェック)の提供サービスと取引ツールの使い方について解説します。

仮想通貨コラム

コインチェックとDMM Bitcoinどっちが良い?取扱い暗号資産や手数料、サービスを徹底比較

将来の資産形成手段として、ビットコインや暗号資産(仮想通貨)投資を検討する方や、実際に利用し始めている方が増えています。この記事では大手が提供する暗号資産取引所のコインチェックとDMM Bitcoinのどちらを選べば良いかについて、「取扱銘柄」「コスト」「取引方法」「アプリ」など、さまざまな視点から比較します。取引所選びの参考としてぜひご活用ください。

仮想通貨コラム

コインチェックの使い方を徹底解説 【入金~取引所・販売所で仮想通貨の購入方法まで】

コインチェックでは取引所と販売所の両方を利用できるので、初心者にとっても慣れている方にとってもおすすめです。今回はコインチェックの販売所と取引所で、仮想通貨を売買する方法について解説します。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

コインチェックのステーキングサービスとは?暗号資産Lisk(リスク)でインカムゲインを得る方法を解説

暗号資産(仮想通貨)投資の一般的な収益ポイントは、価格が高騰したところで売却して利益を得る「売却益(キャピタルゲイン)」でした。しかし、暗号資産を売却せず、保有し続けることで「インカムゲイン」を得る仕組みも増えてきています。その一つが暗号資産取引所コインチェックが提供している暗号資産リスク(LSK)のステーキングサービスです。

仮想通貨コラム

BITPointとコインチェックはどっちが良い?機能や手数料・サービスを徹底比較!

これから仮想通貨投資を始めようと考えている方の中には、どの取引所を利用すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。仮想通貨取引所はそれぞれ、取扱銘柄や取引方法、利用できる注文機能など、サービス内容に特徴があります。ここでは、マネックスグループ傘下のコインチェックと、株式会社ビットポイントジャパンが運営しているBITPointを徹底比較し、それぞれのメリットと注意点について解説していきます。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)投資で気をつけるべき5つのポイント【ビットコインの投資詐欺に騙されない】

日本国内でも2017年・18年の「仮想通貨バブル」の時期にICO(仮想通貨を使った資金調達)が活況となり、仮想通貨投資の詐欺が数多く検挙されました。「自分は大丈夫」と思っていても、利益を追い求めている内に詐欺の手口にはまってしまう恐れがあります。そこで、仮想通貨投資を検討している方に向けて、警戒するべき5つのポイントをご紹介します。

仮想通貨コラム

リニューアルされたコインチェック(WEB)取引画面の詳細・新機能を徹底解説!

コインチェックの口座管理画面が2020年9月にリニューアルしました。ひとつの画面で取引に必要な操作が揃っており、総資産を一目で確認できるようになっています。投資家としては、資産管理を行う上でユーザビリティは重要な要素です。ここでは追加された機能を踏まえて、コインチェックの口座管理画面について詳しく解説します。

仮想通貨コラム

スマホで始める仮想通貨投資!初心者におすすめの仮想通貨取引アプリ3選

最近は仮想通貨(暗号資産)投資アプリが充実しており、若年層を中心にスマホで気軽に投資に取り組む方も増えているようです。仮想通貨取引所ビットフライヤーでは、2020年上半期に口座開設をした人のうち、20代が最も多くを占めたという結果が出ています。仮想通貨取引所のアプリは初心者でも使いやすいよう設計されています。ここでは仮想通貨投資をスマホアプリで始める方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)を貸して増やせる、仮想通貨取引所4選の徹底比較【レンディング】

長期投資の中でもレンディング(貸仮想通貨)は保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことで利子を受け取ることができます。ここでは仮想通貨レンディングができる取引所4社をご紹介します。最小貸出し数量や貸出しできるコインがそれぞれ異なるので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

初心者にも便利な板を使った取引方法とは?GMOコイン、ディーカレット、ビットバンクの使い勝手を徹底比較

仮想通貨(暗号資産)の取引方法には、販売価格と買取価格がそれぞれ1つずつ表記されてわかりやすい「販売所形式」と、板(オーダーブック)を利用する「取引所形式」の2種類があります。初心者にとって、株式市場の様な板を使った取引は難しそうに感じるかもしれませんが、実質的に手数料を抑えられるのでおすすめです。ここでは板取引ができる仮想通貨取引所4社を比較していきます。

仮想通貨コラム

仮想通貨取引所3社(コインチェック、GMOコイン、ディーカレット)のサービスを徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、コインチェックとGMOコイン、ディーカレットについて機能や手数料、取扱銘柄などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックとLINE BITMAXの特徴を徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、コインチェックとLINE BITMAXについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックとビットバンクの特徴や機能を徹底比較

国内でも多くの仮想通貨(暗号資産)交換業者が設立される中、ユーザーにとってますます便利なサービスが出てきています。アプリの使用感や提供しているサービスについて多種多様になってきており、複数の企業で口座を開いておいて目的に合わせて使い分けている人も少なくありません。ここでは、コインチェックとビットバンクについて機能や手数料、取引通貨などサービス内容を比較することで、どのようなことができるのか分析していきたいと思います。

仮想通貨コラム

メルカリが暗号資産事業に進出する理由とは?【新会社メルコイン設立の背景】

日本のフリーマーケットプラットホームの最大手である株式会社メルカリは、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的とした子会社「株式会社メルコイン」を立ち上げました。メルコインは2022年を目途に暗号資産事業を対外的にスタートする予定です。そこで今回は株式会社メルカリが暗号資産事業に進出する理由や今後の展開、既存のNFTマーケットプレイスへの影響などについて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所アプリはどれが使いやすい?コインチェック、GMOコインとLINE BITMAXの3社徹底比較

仮想通貨取引アプリは、日本円の入出金や仮想通貨の入出庫を管理したり、レンディングや積立サービスなどの独自サービスを利用できたりと、ますます便利になっています。中でもコインチェックとGMOコイン、LINE BITMAXはスマホアプリ上で資初心者でも始めやすいように設計されています。ここでは3社のスマホアプリを詳しく比較解説していきます。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方は参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

コインチェックとBITPointどっちがいい?両社の特徴や手数料、取扱通貨を徹底比較

これから仮想通貨(暗号資産)投資を始めようと考えている方の中には、どの取引所を利用すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。仮想通貨取引所はそれぞれ、取扱銘柄や取引方法、利用できる注文機能など、サービス内容に特徴があります。ここでは、マネックスグループ傘下のコインチェックと、株式会社ビットポイントジャパンが運営しているBITPointを徹底比較し、それぞれのメリットと注意点について解説していきます。

仮想通貨コラム

スマホアプリが使いやすい仮想通貨取引所5選

ここでは便利な仮想通貨取引所のスマホアプリを5つご紹介します。各社のスマホアプリは取引画面がシンプルに設計されていたり、現金の入金方法も便利になっていたり、初心者にとっても仮想通貨投資を始めやすいように設計されています。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方はぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【最短即日】スマホでビットコイン投資をカンタンに始められる仮想通貨取引所5選

最近は多くの仮想通貨(暗号資産)取引所がオンライン本人確認「e-KYC」を導入しており、最短1日で取引を開始することができます。アカウント開設からトレーディングまでスマホを使って管理できるので、誰でもスピーディに仮想通貨相場に参加できる様になっています。ここでは、スマホ1台で仮想通貨投資を始めるのにおすすめの取引所をご紹介します。