仮想通貨取引所CoinTrade(コイントレード)の概要、特徴について解説

今回は、CoinTrade(コイントレード)について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. CoinTrade(コイントレード)とは
    1-1.CoinTrade(コイントレード)の概要
    1-2.CoinTrade(コイントレード)の取扱通貨
  2. CoinTrade(コイントレード)の特徴
    2-1.取引手数料が無料
    2-2.徹底したセキュリティ対策
    2-3.取引初心者でも利用しやすい
    2-4.ステーキングサービスを開始
  3. CoinTradeの利用方法
    3-1.アプリのダウンロード
    3-2.本人確認書類の提出
    3-3.口座開設審査
  4. まとめ

暗号資産(仮想通貨)取引を効率的に行い、その利益を最大化させるために大切となってくる要素の一つが取引所の選択です。現在日本国内にはさまざまな取引所が存在しており、それぞれに独自のサービスを展開しています。

そんな中、「CoinTrade(コイントレード)」はプライム市場上場グループが運営しているという安心感や、取引経験が少ない方でも利用しやすいサービス設計から、ユーザー数を着実に伸ばしています。そこで今回は仮想通貨取引所CoinTradeについて、その概要や特徴、実際の利用方法を解説していきます。

①CoinTrade(コイントレード)とは

1-1.CoinTrade(コイントレード)の概要

Cointrade
CoinTrade(コイントレード)とは、17年9月に設立された株式会社マーキュリーによって運営が行われている仮想通貨取引所です。マーキュリーは21年2月17日付で金融庁の「暗号資産交換業者」としての登録を完了し、その後の21年3月15日よりCoinTradeのサービス提供をスタートしました。マーキュリーの親会社でプライム市場上場企業の「株式会社セレス」は、国内の大手仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)を運営するビットバンク株式会社にも出資しています。

CoinTradeはローンチからまだ1年少しという比較的新しい取引所ですが、プライム市場上場グループによって運営されているという信頼性や、使いやすいシンプルなトレードビューおよびユーザーインターフェースなどからすでに多くのユーザーを獲得しています。仮想通貨取引ツールは初心者に親切な設計となっており、サービス内容もシンプルで分かりやすい設計を採用しています。また、わからないことや困ったことがあった場合、いつでもお問い合わせフォームから質問することが可能なため、ユーザーは安心して利用することができます。

なお、CoinTradeでは、レバレッジ取引を取り扱っていないため、現物取引をメインとして行なっている方におすすめの取引所となっています。

1-2.CoinTrade(コイントレード)の取扱通貨

22年7月現在、CoinTradeで取扱のある仮想通貨は下記の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • エックスアールピー(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • エイダコイン(ADA)
  • パレットトークン(PLT)
  • アイオーエスティー(IOST)

②CoinTrade(コイントレード)の特徴

2-1.取引手数料が無料

CoinTradeでは売買手数料がゼロに設定されているほか、入金(受け取り)手数料や口座開設および維持にかかる費用も無料となっているため、ユーザーは比較的お得に取引を行うことが可能です。

2-2.徹底したセキュリティ対策

CoinTradeでは「プライム市場上場のセレスグループだからこそ、安心のトレード体験」を提供することを掲げています。

具体的には、マルチシグを採用して秘密キーを分散させることでユーザーの大切な資産をハッカーによる攻撃から守り、インターネット環境から完全に隔離された状態で資産を管理することが可能な「コールドウォレット」を採用することで、不正アクセスなどのリスクを最低限まで抑えています。

そのほか、2段階認証の徹底や定期的なメンテナンスの実施など、ユーザーが安心して利用可能な環境づくりに尽力しています。加えて、「SSL(Secure Sockets Layer)」と「TLS(Transport Layer Security)」と呼ばれるセキュリティプロトコルを採用しており、「通信内容の暗号化」および「通信相手の真正性」、「通信データ改ざん検知」という3つの機能を使用することによって、通信の安全性を確保しています。

2-3.取引初心者でも利用しやすい

CoinTradeではパソコン向けの取引ツールやスマートフォン向けの取引アプリなどが提供されており、いつどこでも手軽に取引を行うことが可能です。パソコン向けの取引ツールでは、ユーザーが自身の好みに合わせた画面のカスタマイズが可能なため、取引効率の向上を図ることができます。

また、それぞれのツールはすべてシンプルでわかりやすいデザインを採用しているため、仮想通貨取引の経験が少ないユーザーにとっても利用しやすいツールとなっています。

2-4.ステーキングサービスを開始

ステーキングとは、仮想通貨を保有しブロックチェーンのネットワーク維持に貢献することで、 報酬を得る方法です。保有量と保有期間に応じて、獲得できる報酬の量が変化します。

CoinTradeでは、ウォレットで保有する仮想通貨のステーキングから報酬の受取までトータルサービスを提供する「CoinTrade Stake(コイントレードステーク)」を7月14日から提供しています。開始時点にパレットトークン(年率10‐30%)とIOST(年率5‐12%)のステーキングに対応しており、今後エイダコイン(ADA)やポルカドット(DOT)も追加される予定です。特別な手続きは不要で、CoinTradeアプリからプランを選択して申し込むだけで、自動的に報酬を受け取ることができます。

③CoinTradeの利用方法

CoinTradeでは簡単な3ステップで口座開設を完了でき、最短数時間というスピーディーな手続きで仮想通貨の取引をスタートすることが可能です。

ここでは、CoinTradeで取引をスタートするまでの手順について詳しく解説していきます。

3-1.アプリのダウンロード

CoinTradeを利用するためには、まずCoinTradeのアプリをダウンロードする必要があります。アプリは「App Store」および「Google Play ストア」よりダウンロードが可能です。

3-2.本人確認書類の提出

アプリがダウンロードできたら次に、指示にしたがって基本的なユーザー情報の入力を行ない、その後本人確認書類をアップロードします。CoinTradeで利用可能な書類は運転免許証およびマイナンバーカードとなっています。

3-3.口座開設審査

本人確認書類の提出が完了すると、CoinTradeによる口座開設審査が行われます。審査は基本的に数時間から数日で完了し、審査結果は登録したメールアドレス宛に送信されます。そして、口座開設完了メールを受け取った後に入金を行い、入金が確認され次第、取引が可能となります。

④まとめ

CoinTradeはほかの大手取引所と比べると、まだローンチされて日が浅い比較的新しい取引所ですが、運営会社に対する信頼性の高さや取引初心者にも親切なシステムで多くのユーザーに愛用されています。

また今回、エイダコイン(ADA)およびパレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)という三銘柄が新たに上場するということで、今後さらにサービスの規模を拡大していくことが予想されます。

CoinTradeでは誰もが気軽に且つ簡単に仮想通貨取引が行えるため、仮想通貨での資産運用を考えている方は一度口座を開設し、取引を行なってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12