中島 翔 「中島 翔」の記事

メタバース

FreewillとAudio Metaverseのメタバース機能を備えたエシカルマーケットとは

22年9月10日、日系企業のグローバル化支援を行うFreewillがAudio Metaverseと提携し、エシカルマーケット「tells market(テルズ マーケット)」に音声メタバース機能を実装するべく共同開発をスタートさせたことが明らかになりました。今回は、FreewillとAudio Metaverseのメタバース機能を備えるエシカルマーケット「tells market(テルズ マーケット)」について、詳しく解説していきます。

FXコラム

LIGHT FX「ヒートマップ」の使い方は?テクニカル分析との組み合わせも解説

LIGHT FXは他社比で狭いスプレッド、高いスワップポイントに定評があります。LIGHT FXが提供するツールでは、ヒートマップや売買比率等トレードに使いやすい機能が搭載されています。またテクニカル分析のためのツールもTrading Viewを採用しており、トレーダーとしては使いやすいものが多く揃っています。ここではその機能の中でもヒートマップとテクニカル分析のためのツールについて解説します。

株式投資コラム

中国のゼロコロナ政策はいつまで続く?解除後の日本株への影響は

新型コロナウイルスの感染が拡大して久しい中、中国では未だ、新型コロナの徹底的な感染防止を目的としたいわゆる「ゼロコロナ政策」が継続されています。

ゼロコロナ政策では一時的に感染者の抑え込みに成功したものの、その強権的なやり方によって国民の不満が募っているとの報道も多いほか、世界経済への影響もますます大きくなっています。

そこで今回は、中国のゼロコロナ政策について、その概要および政策がいつまで継続されるのか、また解除後の日本株への影響などを詳しく解説していきます。

FXコラム

みんなのFXの評判は?メリット・デメリットを比較、スプレッドやスワップ金利も

FX会社にはそれぞれ特徴や色があり、ターゲットも異なるため、企業として力を入れているポイントが異なります。そのためFXをこれから始める場合は、FX会社が提供しているサービスを理解して、自分自身でどこの取引所を利用するのかを決めていくことが大切です。ここでは人気サービスの一つ「みんなのFX」について解説したいと思います。

FXコラム

松井証券のFX(MATSUI FX)に向いているトレーダーは?メリット・デメリットも

FXを始めとする資産運用は、証券会社に資金を預託する必要があることから、企業としての信頼性も大変重要なポイントになってきます。今回解説する松井証券FX(松井証券 MATSUI FX)は1918年に創業しており、長年の経験からサービスを提供しています。

本記事では、取引条件やスペックを詳しく掘り下げ「松井証券に向いている・向いていないトレーダー」という観点からどのようなユーザーににマッチしているかどうかを説明します。現在FX口座の開設を検討している方は参考にしてください。

暗号資産・ブロックチェーン

メタバースのデジタル不動産「LAND」への投資方法について解説【Decentraland 、The Sandbox】

ブロックチェーン・メタバース(Metaverse)として先行している「ディセントラランド(Decentraland)」や「サンドボックス(The Sandbox)」のデジタル不動産を表す「LAND」の売れ行きが2022年も引き続き好調です。2月にはイタリアの高級ブランドのグッチ(Gucci)が、The SandboxのLANDを購入したことがわかっています。著名人や大企業が投資し始めているなかで、LAND投資に関心を持ち始めている方も増えているのではないかと思います。そこで今回は、LANDに投資する際の方法や考え方について解説したいと思います。

仮想通貨

2022.11.25 マーケットレポート【アメリカ感謝祭で閑散な一日】

昨日の株式市場は米国市場が休場となり、閑散とした1日。欧州では株式市場が堅調な動きを見せている中、イギリスは若干軟調な展開となっており、時価総額で欧州ではトップとなっていたが、現在フランスに抜かされそうな動きとなってきている。仮想通貨市場は大きな変動なく推移。FTXの波乱の動きは一旦落ち着いている状況となっており、現在米国株が堅調な地合いであること等リスクアセットが総じて堅調なことから底堅く推移しているか。

FXコラム

景気サイクルを活用したFXトレードの方法は?米ドル利益確定のポイントも解説【2022年11月】

景気には、好景気、不景気のサイクルがあります。景気サイクルは、FXにも密接に関連しています。この記事では、景気サイクルの概要や、2022年11月現在の相場を解説します。米ドルを保有している方へ向けて、利益確定のタイミングのポイントも紹介します。

暗号資産取引所の使い方

LINEアプリ上で暗号資産取引ができる「LINE BITMAX」の使い方を画像付きで解説

LINE BITMAXは国内唯一となるLINE独自の仮想通貨LINK(リンク」を取り扱っている取引所としても知られており、LINEが展開するさまざまなサービスにおいてお得に利用できると、人気を集めています。今回は、そんなLINE BITMAXにおける取引方法について、画像を交えて詳しく解説していきます。

仮想通貨

2022.11.24 マーケットレポート【注目されたFOMC議事要旨の結果は】

昨日のマーケットは株式市場が上昇。注目されたFOMC議事要旨でFOMC参加者が予想以上にハト派だったことが確認され、今後の利上げペースが鈍化することが再確認されたことによって市場には安心感が生まれ、上昇する動きとなった。仮想通貨市場は久しぶりに総じて上昇する展開に。特にライトコインの上昇が際立っており、2023年8月の半減期が意識されながら大口のクジラが購入していることがオンチェーンのデータから判明している。

FXコラム

2023年の投資戦略は?FXや米国株、ゴールドをプロトレーダーが解説

2022年は円安ドル高となり、FXで利益を出したFX投資家は多いのではないでしょうか。2022年もあと1ヶ月弱となりました。2023年に向けて、FXだけでなく、投資戦略全般を見直す時期です。そこで今回はプロトレーダーである筆者が、FXと他の商品の関係性に触れながら、2023年のポートフォリオをどのように考えていくべきなのかを解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

ドージコイン(DOGE)など「犬系」と呼ばれる暗号資産について解説

いまから約1年前に当たる21年10月頃、アメリカの有名実業家イーロン・マスク氏の発言等をきっかけとして暗号資産(仮想通貨)ドージコイン(DOGE)の価格が急騰するなど、いわゆる「犬系コイン」に一気に注目が集まりました。今回は、DOGEなど犬系コインについて、その現在の状況を詳しく解説していきます。

NFT

GameFi専門のNFTマーケットプレイス「Zaif INO」のNFTローンチパッドとは

22年10月11日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)の運営を手がける株式会社カイカフィナンシャルホールディングスと、ブロックチェーン関連の事業を展開しているT2WEB株式会社が、Web3.0事業に関する提携契約を締結しました。ここでは新たに発表されたZaif INO(Initial NFT Offering)について、その概要や特徴などを詳しく解説していきます。

仮想通貨

2022.11.18 マーケットレポート【FRB当局者はタカ派的発言に終始】

昨日のマーケットは株式市場が一時下落するも反発し前日比あまり変わらない位置まで反発する動きに。足元はFRB高官が相次いで市場が期待している利上げ停止観測を打ち消すかのような発言が続いており相場の重しになっている。仮想通貨市場はそこまで大きく動きがない中、SOLだけは17日夜に一時下落する動きに。