コインチェックの使い方を徹底解説 【入金~取引所・販売所で仮想通貨の購入方法まで】

仮想通貨(暗号資産)の取引アプリによく見られる「販売所」は、初心者でもすぐに取引できるように設計された簡易的な交換サービスです。頻繁に取引をする方や仮想通貨投資に慣れている方は、より手数料が抑えられる「取引所」を利用している傾向があります。

コインチェックでは取引所と販売所の両方を利用できるので、初心者にとっても慣れている方にとっても使いやすくなっています。今回はコインチェックの販売所と取引所で、仮想通貨を売買する方法について解説します。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. コインチェックの特徴
  2. コインチェックの使い方を徹底解説
    2-1. 日本円の入金
    2-2. 販売所の使い方
    2-3. 取引所の使い方
    2-4. スマホアプリでBTCを購入する
  3. その他の機能
  4. まとめ

①コインチェックの特徴

Coincheck
コインチェックはマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。初心者でも扱いやすい販売所を提供している他、取引所サービスではビットコインを手数料無料で購入できます。

コインチェックの販売所では国内最多となる16種類の仮想通貨を取り扱っており、500円から利用可能です。取引所では4種類を手数料無料で売買できます。これらのコインの多くは、レンディングサービス(貸仮想通貨)や積立投資(Coincheckつみたて)でも利用できます。

取引画面もシンプルで直感的に操作しやすいこともあり、コインチェックは仮想通貨取引のフォースト口座として多くの投資家に利用されています。コインチェックのスマホアプリは2021年6月時点に累計ダウンロード数415万を突破しています。

②コインチェックの使い方を徹底解説

日本円の入金

コインチェックを利用するにあたって、まずは口座開設を済ませましょう。詳細はこちらの記事で解説しているので必要な方はご覧ください。

【関連記事】:【初心者向け】コインチェックで仮想通貨投資を始める方法:スマホで口座開設編

本人確認が完了したらまず、日本円を入金します。コインチェックはクイック入金(ペイジー決済)に対応しており、即日に取引を開始できます。
cc1

販売所の使い方

まず、販売所を使った仮想通貨の購入方法をご紹介します。コインチェックの販売所は計16種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、XRP、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ファクトム、モナコイン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、IOST、エンジンコイン、オーエムジー)を取り扱っています。

販売所でBTCを買う

まずPC版からご説明します。コインチェックにログインすると、下の画像が表示されます。左側に項目があるので、「販売所(購入)」をクリックしましょう。

cc2

クリックすると販売所で取り扱っている全仮想通貨が表示されるので、BTC(ビットコイン)をクリックしましょう。

cc4
次に、入力欄に「数量」を入力しましょう。以下のように0.0001BTCと入力すると、当時のレート換算で合計金額(534JPY)が自動的に表示されています。金額を確認したら「購入する」ボタンをクリックして購入完了です。

cc3
販売所ではコインチェックから仮想通貨を購入するため、すぐに決済が完了します。

取引所の使い方

続いて、取引所を使った仮想通貨の購入方法をご紹介します。コインチェックの取引所はビットコイン、イーサリアムクラシック、ステラルーメン、パレットトークン、ファクトムの5種類を売買できます。コインチェックの取引所はWEB版でのみ利用可能であり、スマホアプリには対応していません。

取引所(現物取引)でBTCを買う

コインチェックにログインすると、トップ画面に「取引所」が以下のように表示されています。

「現物取引」の取り扱い通貨には、BTC、ETC、FCT、MONA、PLTが選べるようになっています。ビットコインなら「BTC」を選びます。

cc5
選んだら、「レート」、「注文量」を入力します。レートは自分で手動で入力するか、隣の「BTC買い板/売り板」の価格をクリックすることで反映させることもできます。

cc6
上記は「0.0001」BTCと入力し、概算が自動的に算出されています。こちらで良ければ「注文する」をクリックします。緑色の「買い」が選択されているかを確認しましょう。

取引所は販売所とは異なり、注文を出したからといって必ずしもすぐに決済されるわけではありません。注文がなかなか約定できないようなら、注文をキャンセルして出し直すケースもあります。

スマホアプリでBTCを購入する

コインチェックのアプリからは「販売所」を利用できるのでご紹介します。

コインチェックのアプリを開くと取り扱っている全仮想通貨が一覧で表示されるので、一番上にあるビットコインをタップします。するとチャートと「売却」「購入」が表示されるので、「購入」をタップします。

注文画面に移るので、購入金額を円で入力します。WEB版では数量でしたが、スマホアプリなら「円」での入力になるので大変分かりやすくなっています。

cc7購入可能なBTCの数量は自動的に表示されますので、それで良ければ「日本円でビットコインを購入」をタップして注文は完了です。販売所なので注文は即決済されます。

③その他の機能

コインチェックのスマホアプリでは、仮想通貨の売買の他に積立投資やIEOなどの各種サービスも利用できます。下部にある「アカウント」をタップすることで利用可能なサービスが表示されるので、ここで設定することができます。

cc8

④まとめ

コインチェックは取引画面などのインターフェイスの見やすさが高評価であり、2017年の仮想通貨ブームと言われた当時、コインチェックのスマホアプリは多くの投資家から注目され、登録者数が爆発的に増加した要因でもあります。

これから初めての仮想通貨投資に取り組もうと考えている方は、先ずはコインチェックをチェックしてみることは定石でしょう。またコインチェックのWEB版では販売所だけでなく取引所を利用することもできます。取引所では取引手数料が無料となっているので、コストを抑えたい方は取引所の利用が適しています。

さらにWEB版には「トレードビュー」という本格的なトレーディングを行いたい方向けの高機能取引ツールがあります。テクニカル分析を取り入れながらの取引ができるので、頻繁にトレーディングをしたい方には有用です。仮想通貨取引所は自分に合ったところを利用するのがベストですが、仮想通貨取引所では緊急メンテナンスやハッキングなどのリスクを考えて、複数の取引所に資産を分散させることは一般的です。コインチェックだけでなく他社の仮想通貨取引所とも比較してみましょう。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。