BITPoint、暗号資産「KLAY」の取り扱いを開始

ビットポイントジャパンは8月4日、新たに暗号資産KLAYの取り扱いを開始した。

KLAYは、月間4,700万人以上のユーザーが利用するKakao Talkやマンガアプリのピッコマを運営していることでも有名なKakao社によって開発され、アジア有数の企業も運営に協力している、独自ブロックチェーンKlaytnで発行される暗号資産。またKlaytnブロックチェーン上で、NFTの発行が可能であることに加え、メタバース分野にも注力している。

時価総額 1,204億円(2022年7月31日時点)
出来高 92億円(2022年7月31日時点)
発行時期 2019年6月

【参照記事】日本初!KLAY(クレイ)取扱い開始お知らせ~取扱い開始記念!3つのキャンペーンを実施~

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。