イーサリアム、キャスパーはテストネット上で成功。シャーディングはパート1第1フェーズを完了

イーサリアムの共同設立者であるVitalik Buterin氏は1月27日、開発者会議で「ファイナライズするべきでない2つの競合するブロックチェーンは実際に発生しているものの、正しいブロックチェーンが何か参加者は同意し正しいブロックチェーンに収束している。(※編集部訳)」と語ったとTrustnodes.comが報じた

キャスパーでは従来のコンセンサスアルゴリズムであったPoWではなく、PoSを適用する。PoWの課題を解決するアルゴリズムとして導入が目指されるPoSだが、Trustnodes.comは「キャスパーは、テストネット上で数週間稼働しているが、問題がないわけではない。ノードは再接続を続け無作為に接続の殺到を起こすため、開発者は対応を続ける必要がある。」としている。

また、ビットコインと同様にスケーラビリティに課題を抱えるイーサリアムでは、ノードによる検証作業を効率化するシャーディングの開発が進められており、Buterin氏はその開発が順調に開始しているとも語った。

コンセンサスアルゴリズムによってノードは結ばれることになるので、もし特定のノードが無効なトランザクションを生成してもネットワーク全体がそれを認識し拒否することができる。これによりイーサリアムは無制限のトランザクション数を可能にすることを目指しており、Trustnodes.comはフェーズ1のパート1の仕様は十分な段階にあるとしている。

イーサリアムが目指す開発フェーズには合計で5つのフェーズがあり、今回完了したのはフェーズ1のパート1に過ぎない。予想を上回ると評されているイーサリアム。コード化、テストを経て実装されていくであろう同プロジェクトの開発進捗に引き続き注目していきたい。

【参考記事】The “Casper Aspect of Casper” is Totally Successful on Testnet, Sharding Part One Phase One Completed, Says Buterin
【関連ページ】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法(ETH)

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」