Bitmainがイーサリアム用ASICマイニングマシンを発表、ASIC耐性のEthashを回避

ビットコインのマイニングプール大手AntPoolを運営するBitmainが、イーサリアム用のASICマシンの最新版を発売する予定であることを4月24日に発表した。イーサリアム2.0によるプルーフオブステーク(PoS)への移行が進められている中、2021年後半のリリース予定となっている。

Bitmainがリリースを予定している最新モデルは「Antminer E9」だ。1秒あたり最大3ギガハッシュの処理性能を誇るという。(GPUの最高スペックは1秒あたり約100メガハッシュと言われている)

現在のイーサリアムは、コンセンサスアルゴリズムにプルーフオブワーク(PoW)を採用している。ビットコインのPoWと異なり、イーサリアムのPoWは専用のEthash(イーサッシュ)と呼ばれ、ASICマイニングに対する耐性を持たせているのが特徴だ。

そのため、イーサリアムの誕生後しばらくはASICによるマイニングは実施されていなかった。しかしながら、昨今のマイニングメーカーはEthashを回避する方法を見つけているようだ。

イーサリアムは、「イーサリアム2.0」と呼ばれる過去最大のアップデートに向けて開発が進められている。イーサリアム2.0の目的は、PoSへの移行とシャーディングの実装だ。

PoSへと移行することでマイニングが不要となるため、このタイミングでのBitmainの発表には懐疑的な意見が寄せられている。Bitmainの戦略としては主に次の2つが想定できるだろう。

  • イーサリアムのマイニングが無くなっても、別のPoW系ブロックチェーンのマイニングにマシンを使用できる
  • イーサリアム2.0の開発は始まったばかりであり、あと数年はイーサリアムマイニングは行われると想定

Bitmainの運営するAntPoolは、2番目に大きいビットコインのマイニングプールとなっている。イーサリアムの価格高騰に伴い、マイナーが獲得する報酬も上昇し続けていることから、近年はイーサリアムへのマイニング市場にも積極的に参入していた。

ビットコインハッシュレート の分布(参照:Blockchain.com

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Antminer E9 Introduction: Ethereum Miner

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec