TAG Visa

クレジットカードコラム

三井住友カード(NL)の口コミは?タッチ決済やキャンペーンも

クレジットカードには、暗証番号の入力やサインの記入を行う決済方法とタッチ決済に分かれています。中でも三井住友カード(NL)はタッチ決済に対応しており、カードの受け渡しや暗証番号の入力といった手間を省略できます。そこでこの記事では、三井住友カード(NL)の評判や特徴、決済方法やキャンペーン情報について詳しくご紹介します。スピーディな決済を求めている方やカード情報などのセキュリティを重視している方などは、参考にしてみてください。

その他企業

Visa、新たに暗号資産コンサルティング部門を設立へ

Visaは新たに暗号資産コンサルティング部門「Crypto Advisory Practice」を立ち上げ、デジタル資産を戦略や製品ロードマップに構築したい顧客のニーズに応え、暗号資産関連分野の専門知識を提供し具体的な戦略を策定していく考えだ。Decryptが12月8日、報じている。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(10/2~10/8)】米国で「暗号資産を禁止する方針はない」見解、一方で規制の整備は必須との発言も。イーサリアム2.0初のアップデートが目前に

今週は、FRBやバイデン政権による発言が目立ち、米国における規制トレンドが顕在化していることが伺えます。ブロックチェーン大学ランキングからも見て取れますが、暗号資産・ブロックチェーンの世界における単純な規制強化は、国外に資本を流出させるだけになってしまうため、慎重な議論が必要でしょう。

クレジットカードコラム

GMOあおぞらネット銀行のビジネスデビットカードの評判は?特長も

GMOあおぞらネット銀行は、法人や個人事業主向けのVisaビジネスデビットカードを提供しています。デビットカードとしての機能はもちろん、キャッシュバックサービスやVisaの優待サービスなどが用意されています。

そこでこの記事では、GMOあおぞらネット銀行のVisaビジネスデビットカードについて詳しくご紹介します。ビジネス用デビットカードを探している方やGMOあおぞらネット銀行を検討している方などは、参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(8/21~8/27)】Visaが人気NFT「CryptoPunks」を購入、PayPalは米国外で初の暗号資産サービス開始へ

今週は、Visaによる人気NFTコレクションの購入や、PayPalの英国でのサービス展開などが話題となりました。特定の著名企業による取り組みが大きく取り上げられ、市場もその動向に左右されやすいという点からはまだまだ拡大余地はあるといえますが、Chainalysisによるレポートでは1年で880%も普及したというデータが出ており、着実な成長が期待できるでしょう。

ESG投資

三井住友カード、Visaのタッチ決済やSNSアカウントを通じて寄付へ。防災教育を支援

三井住友カード株式会社は、キャッシュレス決済を通じたサステナブルな社会づくりに貢献する取り組みとして「タッチハッピー」を実施している。期間ごとにテーマを設定し、テーマに沿った貢献活動を行う団体や基金に、Visaのタッチ決済や三井住友カード公式SNSアカウントなどを活用して寄付を行う。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(6/5~6/11)】エルサルバドルでビットコインが法定通貨に、Squareがハードウェアウォレットの開発を検討

今週は、Bitcoin 2021を中心に業界ニュースが報じられました。中でも、エルサルバドルのビットコイン法定通貨法案の衝撃は大きく、各国で広く取り上げられています。エルサルバドルと同じく中南米の小国がこぞってビットコインを支持する声明を出すなどの状況に発展しており、今後ビットコインを法定通貨として採用する国が増えることになった場合、先進国がどのような対応をするかは要注目です。

クレジットカードコラム

VisaとMastercardどちらがおすすめ?特徴、導入店舗数、主な提携カードを比較

VisaとMastercardはスーパーやコンビニ、薬局、レストラン、ホテルなど世界中のさまざまな場所で利用できます。この記事では双方の特徴や導入店舗数、主な提携カードから違いを紹介していきます。クレジットカードを初めて発行する方やVisaとMastercardの違いを知りたい方などは、参考にしてみてください。