TAG PR

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

積立投資はリタイア直前でも遅くない?自分年金づくりの手法とサービスを紹介

老後の年金不足問題が注目される中で「自分年金」づくりを検討したことはあるでしょうか。この記事では積立投資の種類やメリットを説明するとともに、老後の資金を作っていくための注目サービスアプリである「つみたてロボ貯蓄」についても詳しく紹介しますので、自分年金づくりの参考にしてみてください。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

積み立てロボ貯蓄「One Tap BUY」の評判は?メリット・デメリットも解説

スマートフォンで気軽に株式投資が始められるOne Tap BUY(ワンタップバイ)が注目されています。One Tap BUYは、スマホで積み立てしながら配当金などがもらえる新しい貯蓄サービスです。今回は、積み立てロボ貯蓄One Tap BUYの特徴やメリット・デメリット、評判、利用する際の注意点などをご紹介します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

将来の資産形成に。積立投資のメリット・デメリットと注目サービス3選

積立投資は、長期間継続して少しずつ積み立て、最終的に大きな資産を形成することを目的とした投資手法です。最近は個人年金の必要性が高まっており、スマホアプリで手軽に始められる積立サービスなども登場しています。そこでこの記事では、積立投資の基本やメリット・デメリット、積立投資が簡単に始められる今注目のサービスをご紹介します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

何が違う?銀行定期預金とつみたてロボ貯蓄の利回りやリスク、手数料などを徹底比較

低金利政策により預金ではほとんどお金が増えないため、効率的な資産運用の方法が注目されてきています。最近登場した「One Tap BUY」が提供する「つみたてロボ貯蓄」は、株式投資と投資信託の2つの特徴を併せ持つサービスです。この記事では、銀行定期預金と「つみたてロボ貯蓄」を利回り・リスク・手数料などで比較していきます。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

株式で積立投資をするメリットは?注意点や手軽に利用できるサービスも紹介

将来的な年金不足問題が取り沙汰される中、積立投資に対する関心が高まってきており、スマホアプリで株式の積立投資を手軽に始められるなど様々なサービスも登場しています。この記事では、株式で積立投資を行うメリットやデメリット、実際に積立投資を始める際の注意点・ポイント、株式で積立投資ができるおすすめサービスをご紹介します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

One Tap BUY(つみたてロボ貯蓄)のメリットと口座開設方法まとめ

スマホアプリで手軽に株式投資が始められる「つみたてロボ貯蓄」が注目を集めています。つみたてロボ貯蓄では信託報酬のような手数料不要で日本株やアメリカ株に投資できます。この記事ではスマホ・PCから申し込み簡単に利用できる「つみたてロボ貯蓄」について、特徴、メリット、口座開設の方法、利用の仕方や注意点などを詳しく説明します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

リスクを抑えながら株式投資を始めるには?役立つ制度やサービスを紹介

マイホームの購入や子供の教育費用、老後の生活資金など将来必要となるお金を蓄える方法として、株式投資を検討している方もいるのではないでしょうか。しかし、株式投資には元本割れなど一定のリスクが伴うため、チャレンジできずにいる方もいるでしょう。この記事では、リスクを抑えながら株式投資ができる便利な商品・サービスを紹介します。

投資・マネーコラム

私も地主になれる?考え方から変える100年時代の資産づくり

老後の資産を貯蓄でまかなうにはどれくらいのペースで貯めていく必要があるのでしょうか? 今回は、働く世代の現在の平均貯蓄額などを確認した上で、老後までに毎月いくらの貯蓄が必要なのか、貯蓄以外の選択肢を検討する場合、どのような考えで臨むべきかなどについてご紹介していきたいと思います。

投資・マネーコラム

がんのリスクも資産形成も両方カバーできる「がん保険付き不動産投資」とは

「がんにも備えたいけど、資産形成にも取り組みたい―。」今回は、そういったお悩みをお持ちの方に向けて、老後に向けてがん保障に備えながら資産形成にも取り組むことができる「がん保険付き不動産投資」についてご紹介していきたいと思います。

海外不動産投資

シノケン、インドネシアでREIT組成へ。外資として同国史上初

投資用不動産開発の株式会社シノケングループはインドネシアで外資として初めて不動産ファンド運営ライセンスを取得した。現地子会社のシノケン・アセットマネジメント・インドネシアが、インドネシア金融庁から、不動産ファンドの運営を企図した投資運用業のライセンスを正式に取得。

国内不動産投資

全室IoT標準装備「インテリジェントアパート」新規の投資用不動産すべてに導入、シノケングループ

シノケングループの株式会社シノケンハーモニーは17日、7月から受注する全物件を、建物全体・全部屋に各種IoTセンサーが標準装備された「インテリジェントアパート」仕様で販売すると発表した。初年度は新規物件3000戸への導入を目指すほか、既存の賃貸管理物件約3万5000戸への導入も順次予定する。

投資・マネーコラム

不動産の融資が厳しくなることは、投資家に悪いことばかりではない?

2019年4月に日銀が発表した「金融システムレポート」において、不動産業向け貸出の対GDP比率が1990年末以来はじめて、過熱を示す「赤」へと転化しました。今回は、最近の不動産投資向けの融資に関する最新情報を整理しながら、今後の不動産投資のポイントについて考えていきたいと思います。

投資・マネーコラム

LENDEXが融資先を公開開始。㈱東京不動産「中国ではソーシャルレンディングによる資金調達は一般的。日本でもLENDEXさんに是非力をお借りしたい」

LENDEXでは金融庁による融資先の匿名解除の方針を受け、融資先となる不動産会社に情報公開の協力を要請しています。この度中国系の不動産会社である株式会社東京不動産から、融資先情報公開についての承諾をいただき、東京不動産の融資案件について、融資先の名称などの情報を案件情報に掲載していきたいと考えております。

投資・マネーコラム

シノケンのアパート経営の評判は?営業、融資、物件、入居率の実績・口コミ

シノケンは創業28年目の不動産投資会社で、開発棟数4,000棟以上、2017年12月期の売上は1,000億円を超える大企業です。業歴の長さや開発棟数・販売数の多さからネット上にも色々な評判や情報が出回っており、どの情報を信じれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

投資・マネーコラム

「1棟1法人スキーム」民事訴訟のリスクも?今後のアパートローンのポイントは?

いまだに収束の目処が立たないシェアハウス投資問題。その裏には、銀行側の融資書類の改ざんなどの問題もあったと日々報じられています。この流れを受けて現在は貸す側の問題がクローズアップされる形になっていますが、一方で借りる側に問題があるケースも少なくありません。それが「1棟1法人スキーム」「1物件1法人スキーム」などと呼ばれる融資を受けるための手法です。

投資・マネーコラム

アパート経営で成功したい会社員が知っておくべき7つのポイント

アパート経営はマンション経営に比べると、利回りが高く家賃収入も多い、土地が手に入るといったメリットがある一方で、失敗してしまった時の損失も大きいものとなります。アパート経営を始めてから「もっと早くからきちんと調べておけば良かった」とならないよう、この記事では、事前に知っておきたい7つのポイントについてまとめていきたいと思います。